ブログ紹介ページ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

人気ブログランキング


ブログ村

  • ブログ村ランキング

楽天おすすめモーションウェッジ

  • 楽天おすすめ商品

特集etc.

  • 今注目の!!

Takumiのお勧め

無料ブログはココログ

Linkplaza

« 屋根 | トップページ | 温熱環境対策 採光編 »

2011年7月 6日 (水)

「日本の家は夏を旨とすべし」

        吉田兼好 ~徒然草~より

鎌倉時代からの考え方で、日本の家は夏の暑さ対策を一番に考えなさい。

っという考え方らしいです。

具体的には、外気が通りやすくなる窓の配置や日射を遮る深い軒などの工夫です。

たしかに、最近の暑さには気が参ります(;´д`)トホホ…。

昨年の夏も猛暑でしたが、今年はそれを上回るスピードで熱中症患者が病院へ運ばれているとのニュースなど、

温暖化が進んでいるのでしょうか?

節電しないといけないのはわかっていても、

夜など寝苦しくてついついクーラーに頼ってしまっています。

でもそんな夜、タバコを吹かしに外に出てみると意外と涼しいΣ(・ω・ノ)ノ!

家の中も外と同じぐらいなら、熟睡できるのに・・・。

今住んでいるアパートでは、1部屋に1つの窓しかないので、窓を開けても風が入ってこなかったり、防犯上明けられない窓があったりで結局クーラーのご厄介になっています。

やっぱり窓の位置は大事ですsign01

でも日中は、鎌倉時代からの工夫だけではどうしようもない状況が現代にはあります。

日射を受けて放熱するコンクリートやアスファルトに置き換わった大地。自動車やクーラーの室外機などの熱源増加など、鎌倉時代にはなかった問題も出てきています。

風を通そうと窓明けたら、目の前にお隣さんのクーラー室外機がε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…  

そんなことにならないとも限りません。

現代の問題に対しては、現代の知恵である断熱性・気密性・遮熱性などの技術で対応するしかありません。

あと、クーラーの室外機などは、お隣さんのことも考えて設置するなど。

自分本位にならないような計画を心掛けていきたいですね。

« 屋根 | トップページ | 温熱環境対策 採光編 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1528040/40636014

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本の家は夏を旨とすべし」:

« 屋根 | トップページ | 温熱環境対策 採光編 »