ブログ紹介ページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

楽天おすすめモーションウェッジ

  • 楽天おすすめ商品

特集etc.

  • 今注目の!!

ブログ村

  • ブログ村ランキング

Takumiのお勧め

無料ブログはココログ

Linkplaza

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

授業参観日なのに

この前の日曜日は、子供たちの授業参観日でした。

我が家の子供たちも、まあこの親の子にしては良い子に授業受けておりました。(*^.^*)

授業参観は、1時間目で終わりなんですが子供の下校時間まで2時間近く空いてしまいます。そこで下校時間まで倉敷美観地区をウロウロ散策しました。

子供の学校と美観地区とは目と鼻の先程の距離なので、日曜にはよく暇をつぶしてもらっています。

Dsc_0284

紅葉がきれいになっていました。

Dsc_0285_2

のんびりしていますが、いつもどこかが変化している。飽きのこないのが美観地区の良いところでしょう。

岡山にお立ち寄りの時には、ぜひ脚を延ばして見てくださいね。

Dsc_0288 

Dsc_0287

よく利用するCafe、見事な梁組みです。私の場合、お茶呑む事より梁見る事の方がメイン。c(>ω<)ゞ   この建物は土壁外断熱工法で建てられているので、とても暖かく居心地がいいんです。

Dsc_0286

妻には、アンタ何しに来とん?気の利いた話とかないの?とにかく上見過ぎ! みたいツッコミばっかもらいます。(;´д`)トホホ…

Dsc_0283_3

美観地区はギャラリーも多いので、手作り家具の展示会とかよくやっています。

今回見つけたのが、スペースみきで展示会をされていた太田秀世家具工房さん淡路島の家具屋さんです。

Dsc_0280

その中でも特に気に入ってしまったのが、こちらの座卓sign03  

Dsc_0282

これコタツなんですけど天板はタモ材で脚はナラ材の無垢使用、色形大きさとも我が家が探していた理想通りsign03 

正確にはこの人の好みにバッチリ ⇒ happy01

作製期間は2ヵ月ほど掛かるとの事ですが、かなりの有力候補が見つかりました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

                   ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

                                     ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Img_0650

こちらは、雑貨屋さんで見つけて思わず衝動買いしてしまったカバン。正確には買わされたが正しいかな?sweat02 

エチオピアかどっかの国?で手作りされている製品で、水牛の革で出来てるそうなんですが、かなりやわらかい革だし形もなかなかない感じで、買わされたけど後悔はない。

Img_0651

ホント買わされたけど  買わされたけど  買わされたけどsign03よかったんではないだろうか

というか基本的に授業参観がメインのはずの日に、こんな事してましたとはとても子供には言えませんね。  反省m(_ _)m

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2011年11月27日 (日)

植栽

先週、植裁選びに行ってきました。正確には見てきただけですけどね。(*´v゚*)ゞ

Aruatik style のK浦氏に業者専門の生産販売卸店に連れて行ってもらいました。

Img_0614

Img_0586

                       オリーブsign03  我が家には関係ないな・・・sweat02

Img_0577

                   シマトネリコ(一本立ち)

シマトネリコは、常緑で葉っぱがあんまり落ちないとの事で、玄関先などに適した木なのだそうです。

Img_0578

                      シマトネリコ(株立ち)

Img_0582

                   マンサク

Img_0584

                   やっぱりモミジははずせないかな?

Img_0585

妻が何が何でもと植えたがっているのがハナミズキ。赤白1株ずつ植えたいらしい。

Img_0590

                      ドウダンツツジもいいですね。

Img_0593

                    ヤマモミジやはり欲しい。

Img_0595

               ヤマボウシ(常緑のヤツです。) 赤い実を着けるんですね。

Img_0596

                      枝垂れ紅葉  かなりいいsign03

Img_0597

こんな空の見える庭にしたいな。

Img_0602

柊南天(ヒイラギナンテン):厄除けになるらしいので、北東と南西の角、鬼門と裏鬼門に植えるといいとの事です。なるほど家相が悪い場合などにも役立ちそうです。

Img_0605

柊南天の花です。 厄除けになってきれい花まで咲かすとは、かなりの有望株です。

 

Img_0608

                  クロチク これぞ和風って感じがいい!!

Img_0609

                  ねっ!いいっしょsign02

Img_0611

                アベリア・ホープレイズ 下草系も考えないといけませんね。 

Img_0606

                 下草系の代表選手 竜のヒゲ  駐車場はこれで決まりかな。

Img_0607_2

                トクサ はブラインドに使えそうです。

Img_0616

おおお!!南国?でもこれはさすがに無理だね。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2011年11月26日 (土)

上棟映像~最終~



今日で映像も最後です。長らくお付き合い(*゚▽゚)ノありがとさんでした。

丸太梁の木組みですが、基本的に見とれていたのであまり良い写真や映像がありません。

(*_ _)人ゴメンナサイ

小屋組みを組めば完成です。

映像はこのあたりまでしか撮っていませんでした。1日上見ていたので、背中や首が限界だった(||li`ω゚∞)


ということで、上棟映像はこれにて完結でございます。

パチパチ拍手sign03  っの替わりに、 みんなでポチポチお願いしますね。(v^ー゜)!!

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村

2011年11月24日 (木)

上棟映像~その5~

1階部分の柱はおおかた設置されました。

ベランダから玄関前に掛けて作業は進んでいきます。

2階部分の管柱が建てられ梁でつながれていきます。

 

追掛け継手の施工です。

 

もう1回、追掛け継手 です。

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村

2011年11月23日 (水)

補助金GET


おかやまの木で家づくり推進事業補助金の交付決定通知が届きましたsign03


この時期に20万円の補助金はありがたいです。

建具などでどうしてもワンランクアップしたい時など出てくると思うんです。そういう時にこの20万の差はかなり大きい。ってか丸きり違うもんになると思うんです。本当によかったよかった。






社長さん専務さん、ありがとうございました。(o^-^o)

工事の方は、まだ止まってますsweat021ヵ月を過ぎてきたのでそろそろ始まるのではないかな?




★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

話は変わりますが、

今日は家族で近くの動物園にGOsign03

玄関で靴を履く時、いつものスニーカーをやめてトレッキングシューズに変更。

久々に引っ張りだした靴だったので少し埃っぽい?


荷物を背中にしょったまま、靴磨こうとしゃがんだ瞬間sign02


あっヾ(*゚A`)ノ・・・この感じはsweat02



∑(゚∇゚|||)やってもうた・・・ぎっくり腰 
 _| ̄|○sweat01







動物園はナシになり子供には泣かれてしまいました。

ついさっきまで元気にしていた父親に、大丈夫sign02 ・・・的な心配の言葉などあろうはずもなく

ただただ泣かれました。 ただただ・・・・・

    



m(. ̄  ̄.)mス・スマンと土下座したいとこだが、腰曲げると激痛が、てか動けません。

ということで、ご機嫌伺いに子供と妻を近くのショッピングモールに送り出し、横になること以外する事のないダメ夫は、寝床の中からブログを更新するのでありました。





明日の仕事だいじょうぶか?  俺(@_@;)

ぎっくり腰便乗。 早く良くなれ励ましポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

2011年11月22日 (火)

上棟映像~その4~

今日は我が家で最もお金が掛っているであろうと思われる梁材の登場です。


手ブレが多くてすみません。



しっかり入ったように見えましたが・・・・

どうやら僅かに収まりきっていなかったようです。仕切り直されあと込栓が打たれました。

現段階では、込栓はまだ完全には打ち込まれていません。

いつ完全に打ち込まれるのか、私の関心事のひとつです。(。・w・。 )

1日1ポチっといい習慣 (*^ω^*)ノ彡

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村

2011年11月20日 (日)

完成予想図 Part2

我が家の外構は友人にお願しているのですが、その完成予想図が届きました。


工事を担当してくれるのは、Aruatik style(アルアティック スタイル)代表K浦氏:通称ペーちゃんです。

Img_0549
和モダンを狙ってましたが、もう完全和の方向で進んでいます。

Img_0553
完全にK浦氏の趣味が反映されています。

Img_0550
妻は正直嫌がると思っていましたが、ものすごくご機嫌です。happy02heart02

ぺーちゃん(*^ー゚)bでかした。




Img_0551
しかし、予算は完全にオーバーsweat02  そりゃそうだね・・・。どう考えてもやり過ぎだね。


Img_0552
自転車置き場や物干しは確保したい場所ですね。

Img_0554

 

いろいろ減額案検討しながら進めなくちゃね。完成予想図どおりにすると200~250万は掛かるみたいだ・・・。

我が家の予算は・・・・。100万ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ  さてどうしようペーちゃんsign03

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2011年11月19日 (土)

上棟映像~その3~

 

いよいよ地松が組まれ始めました。





金物で補強されました。







少し収まりが悪かったようです。すぐに墨出しして加工されてました。



Dsc_0215


上の写真は土台式の様子ですが、この土台と土台が出会っている部分が気になっていたんです。基礎切れてるし、何か間違ってんじゃないの?っと思っていたんです。

間違いじゃありませんでした。↓の映像が答えです。

なるほどsign03 柱で結合するんだ。納得納得。


にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村

2011年11月17日 (木)

上棟映像~その2~

上棟最初のイベント大黒柱です。

まずは仮組みしていきます。

わくわくドキドキしていたのを思い出します。




大黒柱をきっかけに内部の梁が組まれていきます。興奮しますよ!!

ホント興奮しすぎで、この映像撮影する時なんて完全に防塵シートの内側に入って、足場の上から撮影してますからね・・・・sweat02

みなさんは迷惑になりますので真似しないでくださいね。

今日はここまで   さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村

2011年11月16日 (水)

上棟映像~その1~

上棟の映像を順次アップしていこうと思います。

画像では伝えられなかった部分が伝わればいいのですがどうかな(o^-^o)?

↑管柱を建てた後に通し柱を建てていってます。

外周の梁(桁)を組んでいきます。

少しずつ形になっていきます。




下の映像は、大黒柱部分を仮組みしているところです。

今日はこれぐらいで(* ̄0 ̄)ノバイバイ

次回は大黒柱が建つよ~sign03



映像の方がよくわかると思った人は、↓ポチっと押してもらえるとうれしいです。今後動画が倍増するでしょう。m9(^Д^)プギャー

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村

2011年11月14日 (月)

上棟後~34日目~現状報告

屋根工事後大きな進展はありませんが、

11月8日(上棟後28日目 屋根工事終了後18日目)に給排水の配管工事がありました。

Dsc_0277

Img_0546

こんな感じで1日で終わってしまったそうです。・・・・またsleepy

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ネタ的に少ないので、少し小話w

少々お付き合いください。(*_ _)人ゴメンナサイ


木はとても優れた建材です。

構造材として使用した時の性能は、
コンクリートの圧縮に対する強さと鉄の引張りに対する強さを併せ持っています。


そこで、構造見学会などでのTakumiチェックポイントsign01

自慢じゃないが何の根拠もないからそのつもりで見てね。sweat02

①水平剛性チェック

水平剛性を高めるのポイントはいくつかあると思うんですけど、一番体感できるのは床の強度じゃないでしょうか?

チェックするときは、まず片足で立ち、軽く沈むように加速を加えつつ踵にグイッと体重掛ける。このときたわむ感じが少しでもあったら、私的にはアウトdown

*見学会といえども人のお家、ジャンプしてはいけません。飛ばずに沈むがこだわりポイント(*^-^)

特に完成見学会のように仕上げ材まで敷かれた状態であれば、なおさらの事です。なるだけ多くの箇所で試してすべてのポイントでOKでなければ、根太ピッチが大きかったり、根太の強度が少ないなど何らかの原因があるはずです。

ちなみに我が家は蓄熱暖房を入れる予定なのですが、蓄熱暖房は200-300kg程度の重量があるため床の補強が必要になるんです。

以前その事を社長さんに話した時の返事は、「ああ。それはどこ置いてもらってもええよ」でした。

最初から家のどこにピアノを置いてもいいような構造躯体を作るらしいので関係ないとの事です。



②バランス

バランス良い設計が大事という事は、本などの知識でも知られている事だと思うんですけど、

バランスのいい設計をしても、ちゃんと施工できていなければ意味ないですよね。

じゃあどうやって、バランスよく施工されているかをみたらいいんでしょう?

私の場合は、単純に柱を押すsign01

本当にきちんと施工されていれば、柱には何トンもの荷重が掛かっているはずですから、私が体重を掛けたぐらいでビクつく柱など1本もあるはずがありません。

唯の1本でもあれば、私的にはこれまたアウト・・・ザンネン!!

本当にしっかりと施工されていれば、押したときの感触はコンクリートの壁を押す感覚と変わりありません。

唯このチェックも、お相撲さんのように突っ張り食らわして試すわけにはいきませんので、下のように、ちょっと疲れて思わずもたれちゃいました感を出しながらやってみましょう。

Dsc_0275

ちょっと疲れた感がミソです。( ゚д゚)ポカーン

我が家ももれなく全部の柱を押しまくりました。自分の家だけに白鵬級の突っ張りを噛ましてやりましたが、ビクともしませんでした。



チェックポイントは、ホントにやってましたヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ 



でもなんの確証もない方法です。





でも、施工が自慢の工務店でこの2ポイントがだめという工務店はなかったのも事実・・・。


なんだか書き過ぎてしまいました。(/ー\*)



時々こういう小理屈発作がでるんですけど(/ω\)ハズカシーィ、皆さん見捨てないでくださいね~~!!









ちなみに上記2つのうちどちらか一方でも、自分もした!!という人はポチッとお願します。



次回は上棟の動画をアップ予定です。( ̄▽ ̄)

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

2011年11月13日 (日)

家の中の様子~その2~

前回の記事で写真を1枚掲載し忘れていました。m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

追加しましたので、前回記事で??と思われた方は、チェックしてくださいね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Img_0512_2

さて、気を取り直して( ̄ー+ ̄)

Img_0513



梯子で2階へ上がってみましょうsign03







Img_0514


おお~!!  いい感じじゃないですかヽ(´▽`)/




Img_0515

Img_0517

なんか屋根裏に杉板貼られてない白い所がありますね!気づいてました?


Img_0520

上のようなところですね。  アップしてみましょう。


Img_0519

よ~く!垂木を見てみてください。それぞれの垂木が2色に分けられているのが分かりますでしょうか? 上1/5ぐらいがやや白っぽくその下4/5ぐらいはやや赤みがかっていますね。 屋根裏の真っ白なのが断熱材です。

化粧杉板を貼っている部分はこのままで仕上げなのですが、断熱材が貼られている部分は、この後天井が貼られる部分になります。


杉板の上にも断熱材が入っているのですが、これから天井を貼って蓋する部分と、垂木の上に杉板を貼ってからその上に断熱材を入れた部分では、杉板貼ったところ方が屋根の厚みが増してしまいます。その厚み分を揃えるため垂木の厚みを足しているんです。


だったら天井貼る部分も化粧でない荒板貼ったらいいんじゃないの?っと思うでしょう。


そのとおり!!

でも、我が家のように予算ないのに「屋根を二重にして通気層を作ってね」なんてお願したりするとどこかに予算削除の工夫が必要になって来るんですよ。(=´Д`=)ゞ

しかも我が家の工務店さんは、構造用合板を屋根下地に使用なんて発想は初めからありませんので、杉の荒板を1枚1枚墨出ししながら貼っていかないといけません。手間も相当なものです。


私自身は、天井貼って見えなくなる1層目の屋根下は構造用合板でもいいですよ。っという心境ではあったんですが、たぶん工務店さんの家づくりのポリシーからして「それはできんね」っと言われるだろうと思いあえて伝えてはいなかったんです。

だから、予算からいって化粧杉板があんなに萌萌になるとは思っていなかったんです。

ホント上手に予算削減案を考えてくださいました。コレならば構造上の不安もなく萌萌杉板が手に入ります。本当にありがたいことです。

ついでと言っちゃなんですが、吉野の杉板も何とかなればな~っと欲張ったりしています。どうですか?専務さんヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

Img_0525

前回本題の火打ち梁ですが、2階部分にもしっかり入っていました。数は13本!!

1階部分に比べると少ないのですが、それは私こだわりの書斎部分がややネックになっているようです。(/ー\*)   火打ち梁が少ない分、その部分の梁の厚みを増したり柱の量が増えたりしているようです。どうもスミマセンsweat02



Img_0506

さて問題です。この穴な~んだsign02
















Img_0396

正解は屋根の通気層へ空気を送るための通気孔でした。小さいですね。




ホントにここから空気入るの?って感じですけど・・・。




でも大丈夫でしょう。空気の流れは、屋根の下で温められた空気が上昇し棟から排出されます。すると内部は陰圧となるため内部から空気を吸い込む力が働くのです。外部から風の力で空気を流入させる床下換気口とは基本的な考え方が違います。

流入時の空気抵抗は少し高くなるでしょうが、空気の移動は確実に出来るはずです。通気孔を大きくすればその抵抗も小さく出来ますが、そうすると通気孔の中に虫が入ったりしないように網を設置したりもしないといけなくなりますし、いい意味でこの部分も予算削減されています。


何より軒先のフォルムがカッコいいsign03



Img_0509

いや~なんか幻想的な空だと思いませんか。思ったら↓(・∀・)ニヤニヤ

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

2011年11月10日 (木)

家の中の様子

壁を貼ってから内部の様子をまだご紹介していなかったので、今日は家の中をご紹介します。

玄関から入ってみましょうか!(。・w・。 )     何にもないですけどご遠慮なく!

Img_0504_3

<

                 いや~ホントに何もないですね。(´∀`)σ)Д`*)

Img_0403_3

ちなみに、この写真は先々週の写真・・・。週末になるとブログのネタ探しもかねて、飽きもせず訪問してます。ヾ(´ε`*)ゝ

先週見つけたのは、このネタ。

Img_0434

                            火打ち梁

火打ち梁とは、建物の水平剛性を保つために重要となる構造です。

Img_0407_2

1階を見て回ると結構な数が設置されている。我が家は建坪20坪、数えてみると16本も設置されてるではないかsign03

う~~~んこれが多いのか少ないのかは正直わからないのだが…。

直感的には、「こんなに入れなくてもこの家は大丈夫じゃないの?」といった印象です。

「これは、どんな地震でも倒れないだろ!制震テープも使ってるし!」( ^ω^)おっおっおっ

っと自己満足しつつ、2階はどうなってんだろうっと覗いてみる。

Img_0404_3



そこへいつも立ちはだかるのが、吉野杉の足場板!     




見えないsign03  っていうか、見惚れてまう(´ρ`)ぽか~ん




クッソー吉野杉じゃなきゃsign01 適当に棒で突っついてどかして梯子掛けて2階へGOsign03ってとこだが、




そんなことする勇気はない。いやできないし、しちゃいかんだろ(´・ω・`)ショボーン



bearing吉野杉に関係なくそんなことしちゃいけんよ・・・まあそりゃそうですね(*v.v)。

まあ先々週は、そんな感じでした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


先週の週末の様子

Img_0510_3

先々週との違いが分かるでしょうか?  そうです梯子sign03

点検に工務店の方が来られたのか梯子が掛けられていました。

ついでに妻も今日はいません。     

(・∀・)ニヤニヤ コレを登らんわけにはいきませんね。

っということで続く・・・。



この状況なら私も登るという人は下をポチッと押してみようかψ(`∇´)ψ。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

2011年11月 7日 (月)

設備(システムバス)

今日はシステムバスについて

我が家のお風呂は、タカラスタンダード

決め手は、

①震度6にも耐えるフレーム構造

②浴槽・浴室すべてを発泡ウレタンで包んだ断熱性

③お掃除簡単ホーローパネル

④高級感のあるタイルの床

本当は、浴槽もホーローにしたかったんですが、そこは予算的ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

毎日使うお風呂やキッチンは基本性能の高さで選びました。

タカラは、価格設定も良心的なので最高級のホーロー浴槽でも他のメーカーに比べればお手ごろ感はあります。

ただし、卸価格での値引きが他メーカーに比べ少ないので、値引き率を考慮して検討が必要です。TOYO KITCHENも値引き率は低めで、共に8割程度です。

卸価格は、建築会社との取引数などによっても事なってくるので一概には言えませんが、値引き率の高いメーカーでは4-5割程度の価格になります。

建築会社にメーカー毎の卸価格の比率を訊いてみて検討することがお勧めです。

ただし、標準設備を設定している会社では、そういう形での質問は嫌われますので、希望の商品を挙げて差額を提示してもらってください。

きっとパンフレット上で同じような価格の商品であってもかなりの差額になってしまうでしょうが・・・。

でも、長い期間毎日使うことを考えれば多少の出費は頑張っていた方が、後で後悔しないのではないでしょうか?

自動車ならば使って10年ですが、キッチンやお風呂は30年は使いますからね( ^ω^ )





・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

っとウンチクはコレぐらいで、今現在悩んでいるのはホーローパネルの柄
以下の2つまで絞り込んだんですが、その後決めかねているんです。sweat02




タカラスタンダード:ルーノ 

浴槽:アクリル系人造大理石 半身浴タイプ 色:シュガーホワイト

床:磁器タイル  色:ライトベージュ

ココまではほぼ決定あとは正面の壁・・・

Luno

                     ベージュボーダー

全体的に落ち着いた感じでホワア~ン(´~`)。゜○とした感じ。

Artpanel_img11                       

                     リング

こちらはスタイリッシュsign03    若いhappy01感じがします。



この2つで悩んでいます。さてはてどっちがいいものか・・・。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

2011年11月 6日 (日)

ダボ栓

ダボ栓とは、木と木と繋ぐ部材のことです。

柱と梁のように片方が凸でもう一方が平たい場合は、柱を凸に梁を凹に加工すれば組めますが、平たい部材同士の場合はそうもいきません。そういった場合に両方の部材を凹に加工して間にダボ栓を噛まして固定します。

住宅では、手すりや棚を組み込む時などにも使用されます。そうすることで接合部が表面に見えずにシュッとしたデザインになるんですね。

Img_0177_4
 

             ↑これがダボ栓 欅(けやき)で出来ているらしのですが、工務店さんでは特注で作ってもらうようです。


           我が家ではこんな部分に使われています。

Img_0147

         ベランダ部分   上の状態からダボ栓で材を組んでいきます。

Img_0148_6

Img_0149_8

こういう感じで仕上がっていきます。残念ながらダボ栓を写真に収められたのは上の1枚のみ (´-д-`)ザンネン

本当は梁とか組まれるとこが見れればよかったんですが、さすがにその部分は撮影困難でした。

Img_0018

2階の梁にもダボ栓を受けると思われる仕口が施されています。ここにダボ栓を噛ませて下のような梁組みが完成されるのでしょう。

(確認はとっていないのでおそらくですがね) (*゚ー゚*)sweat02

Img_0209


にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村

2011年11月 3日 (木)

上棟後23日目~現状報告~

現状報告・・・とは言ってもまだ工事は止まっていますヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

本日は、電気配線と照明器具の取り付け部分の打ち合わせがありました。

工務店の専務さんとLIBのOさんとスタッフの方1名が現場まで来てくださいました。

まず、問題になったのが玄関・和室の天井部分。この部分は、ウブ(生)の板を貼るらしのですが、このとき下から支える竿縁がというのがいるらしいのです。↓

Photo

写真は、工務店さんのHPから拝借してきました。我が家ではありません・・・(*´v゚*)ゞ このように板の下に縦方向に3本入る予定だったらしいのですが、真ん中の1本がダウンライトの配置とかぶってしまいます。強度的には抜いても問題ないとの事なので、真ん中1本を除いてもらうことになりました。

次の問題点はこちら↓問題と言ってもあくまで私個人の中での問題なんですけど・・・

Img_0103

リビング上の地松の梁、この梁にスポットライトをつけるのがLIBさんからの提案だったんですが、付けるということは穴を空けないといけないと言うこと・・・・( ̄◆ ̄;)もったいない。



_| ̄|○  「なんとか梁の上でどうでしょうか?」⇒LIBさん「照度がちょっと・・・」



c(>ω<)ゞ「穴空けるのもったいないですよね?」⇒専務さん「(・_・)エッ....?なんとも思わんけど」


専務さんのこの一言で吹っ切れました。穴空けてやろうではないかщ(゚Д゚щ)カモォォォンsign03



もう一箇所は検討事項↓ 今2階に上がれないのでよい写真がありません。イメージしにくいですね。

Img_0313

Img_0321

上の写真の天井からペンダントライトを垂らしたいのですが、次の2つの照明で迷いに迷っています。

Auro01

ちょっと我が家にはオシャレすぎるかもしれない照明:Auro

Photo_2

逆に質感が合いすぎてインパクトに欠けるかもしれない照明:古都里(KOTORI)、京和傘の日吉屋さんの作品で、構造は和傘に使われる竹を使用されています。私の好きな職人技heart01


皆さんどっちがいいと思います?

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

2011年11月 2日 (水)

妻の顔

最近恐妻家ぶりを紹介しているので、



どんな奥さんか興味を持たれている方も多いと思うので、思い切って公開しますsign03


























Img_0392_3


    こんなんです。  大体合ってます。  まつ毛はちょっとサービスしすぎですが・・・。

Img_0391




        本人はこの角度からが一番きれいに見えると自負しております。





         その愛くるしい上目使い・・・・もしかしてそこからアッパーカット狙ってます?







以上 ・・・   おりゃーヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・; 今日は脚ですか!!





にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

2011年11月 1日 (火)

上棟後11日目 屋根工事終了

10月22日        本日で屋根工事終了しました。

あっという間で工事を見ることはできませんでした。

そこだけが心残りですが、出来栄えには大満足です。

Img_0394_2

写真の梯子を使って瓦を挙げるんでしょうね?写真ないのでさだかではありませんが?

            Σ( ゜Д゜)ハッ!背中に殺気・・・  smileannoyrock

P1010688_2

P1010653_6


午後私が現場に行った時には既に工事は終了していました。残念・・・

P1010654_3

玄関先の軒の出は、ベランダが1200mmなので・・・1800mmぐらいはありそうです。

高さは高いところで3000mm程度はあるので採光もまずまずとなるのではないでしょうか?

P1010689_3

                      破風もちゃんと付いていました。

P1010661_2

瓦、工務店さんに和型の方がウチの場合は安いということで決めたのですが、

できれば平型がいいなと思っていたんです。

でも、こうやって見てみると和型で正解でした。


P1010662_3

                     いいですね。(´ρ`)ぽか~ん


P1010663

P1010664

                  


                スミマセン・・・見とれ過ぎてました o(_ _)oペコッ

P1010658_4

上棟直後は、「大きいですね」とのコメントが多かったのですが、壁ができてくると程々に見えてきたのではないでしょうか?

今は吹き込み防止のためシートが貼ってありますが、真っ白いいですね。

本当は漆喰で外壁前面は極めたかったんですが、予算的に難しかった。

           この状態で、しばらく躯体を荷重や乾燥に馴染ませます。

その間は、↓でも覗いておいてください。ブログの更新は続きますよ。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »