ブログ紹介ページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

楽天おすすめモーションウェッジ

  • 楽天おすすめ商品

特集etc.

  • 今注目の!!

ブログ村

  • ブログ村ランキング

Takumiのお勧め

無料ブログはココログ

Linkplaza

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

ラス下地

 

今日は、モルタルを塗るラスを貼りつけるラス下地の施工について

Img_1150


通気胴縁の上に同じ間隔で規則正しく板が打ちつけられています。

この板の上にラスを貼りモルタルを塗っていきます。


Img_1165




大工のSさん、この日も1人で黙々と作業されていました。


寒い中、外での作業ご苦労様です。




Img_1228_3




ネットがなけりゃもっときれいに写せるのに、 残念(# ̄З ̄)



Img_1172


矢切り部分の複雑な形状もきれいに施工されています。

あの窓も見えてますね。


Img_1241

Img_1173

これだけたくさんの板を張り付ければ、耐震性もさらに上がるに違いない。



注:正確には耐震構造ではないです。






しかし木造の家って、本当にたくさんの木を使うんですよね。

ついでに言うと釘とかも半端ないsign03   何千本という単位で使ってるね。 

Img_1222



それにしてもたくさんの板を貼っていくこの作業sign01本当に大変でしょうね。


丁寧な仕事のせいか、どの部分も見てて飽きません。

ビシッと横に並んだラインが、なんとも云えずきれいだ!!


親バカならぬ家バカですねヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ





Img_1221


なんだかこのままでもいいんじゃない?って感じぐらい木の雰囲気がいいです。

やっぱ板張りにすればよかったかかな?

Img_1220_4

今から板貼って!!って言ったら怒るでしょうね。

catface←この人がsign03  (;´д`)トホホ…

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

2012年1月29日 (日)

続・あの窓 ~空見の窓~



例のあの窓 ←過去記事  のそれからです。

Img_0959

↑の状態から窓が追加になりまして・・・。








Img_1229

Img_1230

こうなりました(◎´∀`)ノ  

明るいですsign03  コレなら空も見れるかな?


ちっこい空なら期待できそうです。   



それにここがダメでも実は空見の窓はまだあったりするんですね・・・。

正確にはこの窓は空専用だったんですけど、他の窓からも空が見れそうなんです。


Img_1074




北の窓











Img_0986






南の窓





Img_0991

 

ハレーションするぐらい光が燦々と入ってくれそうです。




きれいな空が撮れるようカメラの腕を上げないといけませんね。








空の見える窓いいねって人いたら、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年1月28日 (土)

上棟後109日目





現場では、通気胴縁の上にラス下地が施工完了しています。

Img_1148

次の工程は板金と防水シート!!       

 

 

 

         防水シート? って思った方もいるかもしれませんね。

 

実は我が家の防水シートは二重仕様になるんです。(=´Д`=)ゞ

 

詳しくはまた記事にしますね。

Img_1185_2


板金で使用するのは、ニスクカラーというガルバニウム鋼板

庇や水切り部分に使用するものはサッシの枠の色に合わせるため色見本を持って現場で確認してきました。




・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

              ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

                    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆







ちなみに今日は、子供たちの学芸発表会もありました。

Img_1193



娘も息子もなかなかの演技派です。

とはいっても舞台の上ではなく普段の学校生活で猫100匹くらい被っているようです(;´д`)トホホ…sweat02

土曜日で給食がないので、今日はお弁当!!

Img_1163_3


息子は、思いっきり目立つ弁当が希望とのことでネコバス仕様にsign03

Img_1164


娘は最近キャラ弁に少し抵抗が出てきた様子です。

しかもカピバラさんをイメージしたはずが、出来た弁当がウサギ仕様sign02

耳デカ過ぎましたねcoldsweats01

Dsc_0379


学芸会の後は、いつのも美観地区巡り!!

現在倉敷にある高梁川は昔は2本の川だったのが、↑のミズチ(水神or蛇神) が暴れて今の1本の川になったのだそうです。

今日仕入れたネタですが、かなりローカルヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ



ミズチの見据える先にあるのは、

Dsc_0376



「倉敷路地市場」

Dsc_0373

地元の有機無農薬のミカンなんぞを買ってみました。

Dsc_0381

締めは定番フルーツサンドhappy01heart04scissors













ブログランキング参加中です。

皆さんの清き1票をsign03  (*^ー゚)bよろしく

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年1月26日 (木)

見えなくなてしまう縁の下の力持ち






もうすぐ隠れて見えなくなってしまうもの

Img_1131_2


タイベックシルバー

雨水の浸入を防ぎ、躯体内からの湿気を外部に排出してくれる防水シート

圧倒的な長期性能に遮熱性能をプラスした優れものです。

Img_1139


通気胴縁:通気により湿気と熱を排出してくれます。



Img_0988


制震テープもまだかなりの量を貼る事になりますが、見ることができるのは貼る瞬間のみなので、今後も写真に収められるチャンスはそう多くはないでしょう。

シャッターチャンスを見逃したくない部分です。




そして・・・。

Img_0949

この梁と

Img_0560_2


この梁と

Img_1091


そしてこの梁、

丸太梁のうちこの3本は、天井裏に隠れてしまいます。。*((艸д・。`*)゜*。

隠れてしまうどの構造も家にとってはとても重要な構造です。

 

家づくりにおいて考えないといけない事はたくさんあると思いますが、隠れてしまう部分にこそ大事なポイントがあるんじゃないかと思います。


まさに縁の下の力持ちですね。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年1月24日 (火)

庇(ひさし)




我が家の庇(ひさし)は、大工さんが板から加工して作ってくれています。

Img_1114


1枚の板から始まり・・・。

Img_1109


刻んで

Img_1116


庇を構成する部品を加工していくんですね。

作業風景が見れなかったのが残念です。(´・ω・`)ショボーン




Img_1128


いいですね。    シンプルですがかっこいいです。


Img_1122_3







やっぱり大工さんの手仕事いいですね。

Img_1135_2

Img_1138

材料は檜を使用していただいたようです。

雨風にさらされる部分ですので、耐久性の高い素材を使っているんですね。

正に適材適所ですね。

Img_1138_2



sign03 思ってた以上に萌えますね (*゚∀゚)=3 ムッハー!!






伝統工法ブログ↓覗いてみてくださいね。
新しい発見があるかもしれませんよ。

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村

2012年1月23日 (月)

ベランダ防水加工





今日はベランダの防水加工について



FRP防水加工です。

Img_1118


目地の処理をした後

Img_1111


ガラス繊維のシートを敷き詰めていきます。

Img_1113


その上から樹脂を流して固めます。

Img_1124

うっすらガラス繊維シートの赤いラインが入っているのが、わかりますか?

Img_1125

1時間程度で樹脂が固まれば防水処理は完了です。

まだまだ工事は続きますので、傷が付かないよう仕上げはまだ先になるようです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年1月22日 (日)

ぶらり 美観地区探訪



先日、初めて試験に挑むという娘から合格祈願のお守りをお願いされ、阿智神社に行ってきました。

Dsc_0358



ということで、またまた美観地区探訪sign03

Dsc_0359



平翠軒は、全国のおいしいものが揃っているお店です。

Dsc_0361


奥に見えるのが、大原美術館 です。




Dsc_0363


今日は洋食屋さん みやけ亭

Dsc_0366



グラタンとポークソテーを頂きました。

Dsc_0368

とてもおいしかったです。

どちらも\890円と懐にもやさしい(*^ω^*)ノ彡

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村

2012年1月21日 (土)

家を湿気から守る空気の通り道







防水シートが張られた後は、通気用胴縁が貼られていきます。

Img_1082

Img_1083

外壁通気工法では、この胴縁の間を空気が通ることで躯体から生じた湿気を排出したり、

夏場高温となった外壁の熱が部屋内へと伝わるの緩和してくれたりする効果があります。

Img_1103


タイベックシルバー!! キラキラしてますね。(・∀・)ニヤニヤ

Img_1104

胴縁の規則正しい直線と、南の光を反射するタイベックシルバー heart04(o・ω・)ノ))

         私的に大好物な絵ですわ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

Img_1105

唯の胴縁ですけど、整然と並ぶとすごくきれいだと思うんですよねsign03






どうですか?みなさん いいね!!っていう人いたらポチっと↓(* ̄0 ̄)ノお願いしますネ。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年1月20日 (金)

エコカラット





我が家でもちょこっとだけエコカラットを使ってみようと思っています。

                    こちらがエコカラットのサンプルです。

エコカラットについての詳しい解説はこちらを↑参照してくださいね。

Img_1057


どこに使うかは完成してのお楽しみということで。(◎´∀`)ノ

Img_jp_case1

Img_sta_3_line_bedroom

Img_std_2_simple_sanitary


どのイメージ(拝借)もかっこいいですね。



もちろん我が家ではこういったイメージにはならないんでしょうけどね。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年1月18日 (水)

アンティーク・ステンドグラス





我が家からアンティークステンドグラスなんて言葉が出てくるとは誰も思ってなかったのだろうけど、使うんですね。   

イギリスのあんてぃーく・すてんどぐらすcrown


もう一回言っときましょう。


あんてぃーく・すてんどぐらす!!








まあ、とりあえず見てやってください。

Img_1021_6


ステンドグラスといっても、色は入ってないタイプです。

雑貨屋さんで夫婦そろって一目惚れsign03 購入したのはもう2年も前のことです。

やっと居場所を考えてやる時期が来たのですが、当初の和モダン路線から完全和方向に流れが変わったこともあり、居場所探しも大変です。

設計段階では、リビングと脱衣所の間に光取りとして欄間風に設置する予定でしたが、柱の太さが邪魔して、どうにも入りそうにないことが上棟後判明。

ただいま居場所探し中です。

Img_1023




身長:880mm    ウエスト:窪みなく寸胴ですが250mmとスレンディー 体重:内緒だよ。 

程良いキラキラ感がチャームポイントです。

どこに使えばいいのかな?悩みます。


ちなみにステンドグラス・・・使い道の決まったのがあと3枚あったりするんですけどね…。



う~~~ん!!もしかしてやっちゃったsign02  

我が家にステンドグラスって大丈夫だろうか?( ̄◆ ̄;)

きらきら繋がりで↓

Img_1013


瀬戸内海の夕日です。



まだまだ時間はあるので、何かいいアイデアあったら教えてくださいね。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年1月17日 (火)

けいそう日本聚楽壁







そろそろ内装についても検討する時期になってきました。

とは言っても施工はまだまだ先、う~~~ん!!  約3か月先だねsign03   きっと・・・sweat02



ということで、まだ時間はたっぷりありますが、まあやることもないのでじっくり考えます。




我が家の壁の仕上げは、漆喰・けいそう聚楽(じゅらく)・和紙・クロスを中心に一部タイル等を使うのですが、今回はけいそう聚楽壁についてです。

Img_1056


上の写真は、玄関・和室・1階のトイレの内装仕上げ材のサンプルです。

株式会社 サンクスのけいそう日本聚楽壁です。







見難いと思うので少しアップ画像を

Img_1058

“わら”なし と “わら”いり があるんですが、

色は1番上の6色のみsign03

打ち合わせは妻に任せておりましたが、妻も思わず「これだけsign02」っと叫んでしまったようです。

我が家のイメージとしては、もう少し明るい色が希望だったので、選ぶの悩みます。

妻の意見としては、比較的明るいNO.13 “わら”なし を全ての部屋に使いたいらしい。

私は、“わら”いり の方が好みなのですが、そう言うと「ジジくさいsign01  pout」っと一喝されてしまいました。  ( ゚皿゚)キーッ!!








ここからしばらく・・・o(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;               ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;   

                                      モムーリ!o(゚Д゚)っ                        o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!





てな感じで検討が続いておりますが、時間掛りそうです。c(>ω<)ゞ











ちなみに“わら”いり なしの違いは↓の写真でわかるかな?

Img_1059_4


さあ、みなさんだったらどの色選びます?






私と同じで、わら入りが(・∀・)イイ!って人は↓ポチっとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年1月16日 (月)

タイベックシルバー

 

我が家の最新部分のこだわり防水シートsign03

正確には、透湿・防水・遮熱シート:デュポン社製 タイベックシルバー ←過去記事

Img_1066




ジャーンsign03   シルバーに赤sign03  
 
   

             
           そうsign03ウルトラマン カラー!!




スぺシューム光線張りに赤外線を

 ジャンジャンはじき返しちぇって欲しいものだ(* ̄0 ̄)ノ!!

タイベックは、ポリエチレン不織布で出来ていています。

その強靭さから東日本震災の原発事故では防護服として採用され話題となったようです。

Section


タイベックシルバーは、そのタイベックにアルミを蒸着させた製品で遮熱効果があります。


また、魔法瓶効果で冬場の断熱にもある程度効果があるようです。



どの程度効果があるかは、賛否両論あるようですが、

我が家の断熱レベルなら効果が期待できると考えての採用なんですけどね。モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

Img_1065

Img_1067
 

どれぐらい効くのかな?

あと、電波も通りにくくなる可能性も考えていましたが、携帯の電波は特に問題なかったです。



まあ熱源入るまでは何とも言えませんね。(◎´∀`)ノ









~豆知識~

よく職人さんが防水シート事をタイベックと呼ぶことがるんですが、

タイベックはデュポン社の登録商標で防水シート全般を表わす言葉ではないんです。

タイベックの性能の高さから、防水シートと言えばタイベックということで、そういう風に呼ばれるようになったようです。







遮熱住宅に興味湧いた方がいれば、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年1月15日 (日)

断熱工事

 

今日は断熱工事について書いてみます。

Img_0977



我が家で使用されてる断熱材は、押出法ポリスチレンフォーム:カネライトフォームスーパーE Ⅲb 30mmです。 

熱伝導率は0.028(W/m/K)以下と高性能ですが、厚みは次世代基準の47.6mm(Ⅳ地域の場合)に比べると少し薄めです。

瀬戸内の温暖な気候に期待しましょう。モジモジ(。_。*)))  




まず、ポリスチレンフォームを壁のサイズにカットしていきます。

Img_0981


それを釘で壁に固定していきます。

Img_1044_2


こんな感じです。

Img_1046

固定された後、発泡ウレタンで隙間を埋めていきます。

断熱材の無駄が出ないよう切り取った端材も組み込まれています。(* ̄ー ̄*)

Img_0600


複雑な形状の矢切り部分の壁もしっかり隙間なく断熱されてます。

屋根断熱との出会い部分もしっかり埋めていただいております。

Panorama_6






ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。↓ポチっとお願いします。

いろいろな注文住宅の情報いっぱい!! Takumiの順位もチェック(v^ー゜)!!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年1月14日 (土)

上棟後95日目






現場では断熱工事が終了し、外部は防水シートが張られてきています。



Img_0594




外部はこんな感じです。まだ少し細かい部分の防水シートが施工できていないようです。



Img_1047_3


内部はこんな感じです。

断熱材が入ると光の反射率が上がるので、少し部屋が明るくなりますね。





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年1月13日 (金)

システムバス組み立て





現場ではお風呂が組まれておるようです。

2012011010060000_3

2012011010060001_2

おお!!お風呂spaですね(*≧m≦*)

上の写真が床になるんですけど、我が家で採用したシステムバスメーカーの特徴の1つであるタイルの床(特徴①)です。

これがシステムバスなのに高級感を与えてくれるんです。しかもタイルの下はスチールの下地を挟んでウレタンが敷いてあるのでそんなに冷たくならないのも(・∀・)イイ!。



この時点でどこのメーカーか分かったら、かなりのマニアですねw(゚o゚)w。










では、組み立ての工程を見ていきましょう。

Img_0976

まずは、配管が事前にコンクリートで埋め立てられていました。(1日前の写真)

 

配管は、左のが排水管。右の青いのが水、オレンジがお湯、うすい茶色のが追い炊き用の配管。 緑の配管がガスになります。

 

 

 

2012011010050000

まずは、これまた特徴的なフレーム架台(特徴②)を床に引き、防水パンを設置します。

このフレーム架台により震度6まで耐えれるお風呂になるのが得りです。

 

Img_1024


床を設置したら

Img_1030


白のバスタブ登場!!

 

我が家のバスタブは、最高級のホーロー!! 


           っにしたかったが、予算の関係で人工大理石ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ












人工大理石といっても素材はプラスチック系。

               だからその素材により質感はやや異なります。

我が家の人工大理石はアクリル系!!   しっとり感が得りかな!!!(*´σー`)

 

 

 

Img_1031

 

 

 

悩んで決めたパネルも組まれます。

 

これが特徴③のホーローパネル汚れが落としやすいのがいいですよね。


ということで、我が家のお風呂はタカラスタンダード:ルーノshineです。

 

 

 

 

Img_1037

 

 

Img_1043

 



組まれた状態を外から見るとこんな感じです。














そして中は・・・こんな感じです。







 

Img_1042


組み立て完了!!  





妻曰く、「やっぱり白すればよかった」coldsweats02   


「白の方が開放感が違う」とのことです。


まあ、昼間だけの感想なので夜の感じはまた違うのかもしれませんが・・・(*ノv`)。


あと、色が濃いと水垢が目立つようです。

これから、お風呂選ばれる方はそのあたりもチェック項目にしておいた方がよいかもしれませんね。

この後はコーキングを打ったり、浴室乾燥機の取り付けなどが残っているようです。



我が家のお風呂、ちょっと自慢ポイントもあるですが、

その辺りは完成時まで取っておくことにします。(=´Д`=)ゞ





いかがでしたか?システムバス組み立て参考になりました?

参考なったらポチっと↓ワンクリック よろしくお願いします。

ブログランキング参加してます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年1月11日 (水)

断熱サッシ

今日はサッシについて

我が家をお願いしている工務店さんでは普通のペアガラスが標準なのですが、

我が家ではLow-eガラス詳しくは→(過去記事参照)をオプションでお願いしています。


でも全ての窓をLow-eに変更するとお金も掛りますし、そこまでしなくてもいいだろうと考えたので、夏の日射しが気になる西部分の窓を遮熱タイプに、1、2階の南側とファミリルームのある北側を断熱タイプでお願いしました。

気になる追加予算としては上記変更で15万程でした。年間2万円冷暖房費が浮けば7年で回収できる計算です。



実際にどれくらいの効果があるかは分かりませんが、ひとつ参考になる数字にU値(数年前まではK値と呼ばれていたものです)というものがあります。

U値(熱貫流率):壁の両側の空気温度に1度の差があるときに、単位時間あたりに壁1㎡を通過する熱量のことです。

難しいですね。要はこの数字が低ければ低いほど部屋の内外での温度移動が少ない=断熱性能が高いということになります。



Img_0863


取りつけられたサッシにはこのようなシールが貼られています。

上のサッシは通常のペアガラス。こちらのU値は2.94W/㎡・Kとなっています。



Img_0864


こちらがLow-eペアガラス、U値は1.66W/㎡・Kです。

ペアガラスの倍の断熱性能ということになります。ガラス部分の断熱性のだけであればトリプルガラスと同等のようです。

でも窓の断熱性能は、ガラス部分だけでなく窓枠なども重要になります。あくまでガラス部分の性能でということで、窓の性能とは言えませんのでお間違えのないように。
ちなみに我が家の窓枠は樹脂や木製ではないので熱伝導率高いです。sweat02そこまでは予算組めなかった。


何にお金掛けて何を我慢するか家作りってそんな駆け引きがたくさんあると思うんですね。 だからこそオンリーワンの家ができる。


我が家と同じ仕様の家は、どこにもない!!  まあ、そんな感じの家づくりができればと思うんです。モジモジ(。_。*)))

ちなみに使用したサッシはトステムのデュオPG、これをLow-e仕様にして頂きました。


Img_0879


玄関引き戸のU値は3.34W/㎡・K と意外と高い。見た目はこっちの方が断熱性能高そうだが、ペアガラスの間隙でも狭いのかな?

ちなみに単板ガラスのU値は5.72~5.94W/㎡・K(ガラスの厚さによる)なので、Low-eと比べると約1/4の断熱性能です。これでは結露は覚悟しないといけませんね。

「住宅性能は窓から」で有名なスウェー○ンハウスの登場などにより、窓に関する感心が高まってきていますが、冬の断熱を考えるとき最も熱損失の高い窓のグレードだけはなるべくよいものを選びたいですね。

Low-e賛成って人は↓のバナーをポチっとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年1月 9日 (月)

滑り出し窓

我が家の滑り出し窓なのですが、実は思い込みがあり誤解してた部分がありました。

Photo_6


私たちがイメージしていたのは上のようなカムラッチハンドルタイプ。

ガシャッ、バーン!!って感じで開けられるタイプの窓だったのですが、実際入ったのは…

Img_0860



こっこれはΣ(゚□゚(゚□゚*)sign03   くるくるsign02


オペレーターハンドルってやつか(;´▽`A``

クルクル回すのなんだかめんどくさそうだし、バーンと景気良く開けることもできないよねヾ(_ _*)残念・・・

ハンドルは折りたたみできるようなので、カーテンとかの邪魔にはならないようだ。

┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~とりあえず開けてみますか?

Img_0861_4




おおsign02 意外と軽く開くのね。これいいかもね ( ̄▽ ̄)

よく考えると我が家の滑り出し窓の前にはことごとくカウンターやローチェストなどが来る予定になってるので、カムラッチハンドルだと体を乗り出すようにしないと窓の開閉ができない(早よ気づけ・・・汗)。

オペレーターハンドルの方が我が家の場合はいいのかも。 



結果オーライヽ(´▽`)/  ・・・以外とノーテンキsweat02

だが、オペレーターハンドルで気をつけておかなければならないポイントもあったようだ。

Img_0862




ありっ?上が全開状態の写真、ガラスの入った枠が窓の2/3ぐらいのとこで全開になるように右からスライドしてくるんです。

うう~~~ん 防犯にはいいね!! 防犯には・・・   

                  もうチョイ横幅デカイ窓でもよかったかもsweat02

もうちょっと大きい窓でもよかったと思う方?残念でしたの同情票を1票くださいな。r(^ω^*)))

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年1月 8日 (日)

温泉




昨日から温泉旅行に行っておりました。

とは言っても、家族サービスではなく仕事関係の方々と・・・sweat02

Dsc_0326

Dsc_0346

行ってきたのは湯原温泉


Dsc_0329

美味しい食事に

Dsc_0331



気持ちのいい温泉sign03      (○゜ε゜○)ノ~~ 日本人でよかったね。


Dsc_0344

Dsc_0332


特に朝の雪見露天風呂はヽ(´▽`)/サイコー




Dsc_0354

帰りは蒜山(ひるぜん)に寄って帰りました。


B級グルメ 蒜山焼そばで有名になったところです。ここで昼食頂いたんですが、もちろん!!















Dsc_0357

ジンギスカンsign03    あっはっはっは(;´Д`A ```


津山ホルモンうどん もそうですが、意外と地元の人は冷ややかだったりする・・・。

Dsc_0356


まっ好きなの食べたらいいよね(◎´∀`)ノ。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

2012年1月 6日 (金)

採光

気持ちいい天気ですね。

Img_0856_2


こういった日は、採光を検討するのによさそうです。

Img_0858_4


家の中はこんな感じです。上の写真では明るく見えますが、少し引いてみると

Img_0857


奥の方が少し暗いですね。  

今は壁が構造用合板の為、光の反射率は低くなっています。だから完成時はもっと明るくなると思うのですが、それでも少し不安というのが妻の意見です。

我が家は南の角地で日照条件は問題ないのですが、南側の下野(軒)とバルコニーが採光を制限しています。

Img_0919


写真の撮影はAM12:00頃です。

3連窓の上部分は今後ベランダ(1200mm)が完成してくるのですが、完成後はおそらくオレンジの線あたりまで日射しが入ってくると思われます。

これは、3連窓の上限に一致します。計算していたわけではないのですが、バッチリです(v^ー゜)ヤッタネ!!


一方、下野1800mmの掛った掃き出し部分は、この時間サッシの半分(赤線)までしか光が入らないんです。冬の日射しでこの程度なので、夏の日射しならばほぼカットできるので暑さ対策としてはGood!!

しかし、このままでは冬の日射しを家の中に導くことができません。(朝夕はもう少し上のラインまで入るとは思うのですが)

2階の窓は緑のラインの下につきますので、十分な日射しを部屋の中に導くことができそうです。

この光を1階に導くために我が家では吹き抜けを設けました。(過去記事採光編参照)

Img_0913


でも現在は、例の吉野杉が吹き抜け部分を蓋していますしシートも掛っているのでその効果を確認する事ができません。

ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

ということで、大工さんにお願いして1回採光を確認させてもらおうかな( ̄ー ̄)ニヤリ

Img_0857_2


それでも暗すぎるようなら赤い部分にハイサイドライトを追加するか(* ̄0 ̄)ノ

アドバイス等ありましたら、よろしく願いします。

そのまんまでもいいんじゃない!!って人がいたら↓のバナーをポチっとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村

2012年1月 5日 (木)

あの窓

例の空見の窓改めチラ見の窓ですが、ガラスが入るとこうなります。

Img_0873



ウン やっぱり小せえ~~!!  チラり感満載ですな。

木目のチラリズムでは萌えますが、窓では萌えません。



アップしてみましょうか?

Img_0874_2



やっぱり小せえ~~!!  


ほんとちょっとだけの空と2本の電線が見えますね。  il||li _| ̄|○ il||li 予想通りsweat01











Img_0958


外は何とか見えそうですが・・・

やっぱり横にFIX入れもらう方向が正解かな・・・。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆










我が家の窓設置での大工さんとのやり取りをご紹介

Img_0844_2


これはトイレの窓位置を決めるときの写真なのです。

 

大工のSさんはまだ顔出しの許可をもらってません。大○漣さんにソックリな渋めでダンディーな職人さんです。



写真でカバーさせてもらいましたが、怒られるかな?(*^.^*)





この日は平日で、妻が現場で高さの違う2枚の写真を撮って私にメールします。

それを昼休みに確認して設置の高さを決めました。





通常の設置の高さは、床から1200mmなのだそうですが我が家では1300mmにしていただきました。

ええっ~~!! そんな細かいとこまでsign02っと驚かれると思いますが、

 

結構気になる部分だったので助かりました。



大工のSさんありがとうございました。




 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年1月 4日 (水)

今年初めての幸運

 

私、今日から仕事再開。やや休みボケしております。r(^ω^*)))

それはそうと昨日、娘が夢タウンのくじ引きで2等、3等を引き当てました。

初春から縁起がいいです。

 

商品はこちら

Img_0971

Img_0970


ハンディーモップは新居で使うそうです。

ちなみに特等は40型の液晶テレビだったようです。 ヾ(*゚A`)ノおしかった・・・



今日はこの程度で終わりにしようかとも思いましたが、

さすがにやる気なさげに見えてもいけないので、ちょこっと・・・。

Img_0955


我が家の柱、養生紙が巻かれているのですが、工程が進むに従い少しずつ剥がされていきます。

最近の一押しの萌え柱です。(*゚∀゚)=3ハァハァ  真壁部分の柱なので完成時も手前の部分はその木目を見ることができます。

お正月は、何の変化もない現場に毎日30~60分は見に行ってました。

採光の確認や木目に見惚れてボ~ッとしたり、この寒いのによくやるなと自分自身に突っ込みたくなったりもしますが、


やっぱり木の家ってええですよ。(◎´∀`)ノ





書いたはいいが、結局あまりためにならない内容でしたね。m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

工事の方も今日から再開になったようです。

 

明日からは、しばらく窓関係についての記事お送りすることになりそうです。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

2012年1月 3日 (火)

初詣






昨日は初詣に行って参りました。

一年の計は元旦にありと言いますが、元日は朝からお酒を頂きダラダラ過ごしてしまいました…

                      モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

例年と変わらない1年のスタートです。


Img_0920


Img_0921


Img_0925





Img_0924

獅子に噛んでもらって無病息災

Img_0923_2


日本のお正月sign03って感じがしますねヽ(´▽`)/

ちなみにおみくじは小吉 転居は急げ!だそうだ・・・

Img_0934


神社って階段が結構大変ですよね。

Img_0933


でもその分景色は(・∀・)イイ!  眼下に広がるのは倉敷美観地区です。

Img_0936


ということで美観地区を散策

Img_0945


景観が守られている地区なので銀行の造りも豪華です。これは大原美術館の影響なのかな?


Img_0937


こちらのお店で昼食をいただきました。

Img_0940


お店の中はこんな感じ

Img_0944


喫茶店なので軽食は上のカレーのみです。人気店なので休日は確実に並ぶ事になります。 


おいしかったですよ。(◎´∀`)ノ

倉敷美観地区イイねって思った方は↓ポチっとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年1月 2日 (月)

込み栓


前回記事は、いきなしのダジャレスタート ヽ(´▽`)/ 

    お正月だから許してね・・・


本年最初の記事は、やはり伝統工法で!

という事で少し前に書き貯めておいた記事です。m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

正月はゆっくりお酒を飲めるように手を打っております。あしからずψ(`∇´)ψ




養生期間を経て込み栓が打ち込まれました。

我が家の込み栓は、樫(カシ)の木を使って作られているそうです。

Img_0724

玄関部分、梁の中央に2本並んでいるのが込み栓です。

躯体の歪みを待って打たれた込栓は、玄関部分ともう1か所。

Img_0723_2


手前の梁と大黒柱を繋ぐのが込み栓です。

養生前は、右側から軽く打ち込まれただけで貫通していませんでした。

Img_0722_2

Img_0782

必殺仕事人:秀さん張りの貫通力ですな( ^ω^)おっおっおっ・・・sweat02


仕上げは30mmの長さで化粧の面とりをしていただくようにお願いしました。



現場には、材料の木材もたくさん搬入されてます。

Img_0704

Img_0707

Img_0708

Img_0709


なかには、どこに使われるかが楽しみなきれいな木材も混ざってますし、木好きな人には楽しい空間になっています。





縁起物だよポチっとおひとついかがかな?

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年






Img_0918_2_2








にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »