ブログ紹介ページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

楽天おすすめモーションウェッジ

  • 楽天おすすめ商品

特集etc.

  • 今注目の!!

ブログ村

  • ブログ村ランキング

Takumiのお勧め

無料ブログはココログ

Linkplaza

« 丸太3兄弟 | トップページ | 和室 ~竿縁天井の竿~ »

2012年4月12日 (木)

和室  ~長押(なげし)~

 

長押(なげし)とは、鴨居の上に付く部材の名称です。


まずは完成写真から

Img_1971


ブルーの保護シートの上が長押になります。

我が家では杉の柾目を使用していただきました。


実家の和室とかでなにげに見ていたという人は多いと思うんですけど、

どうやって付いてるかを知っている人はそれほど多くないと思うんですよね( ̄ー+ ̄)



私も最初杉の角材を入れていると思っていましたから・・・。


今、えっ違うの?って思った人がいればこの後の記事書いた意味がある(u_u。)




それでは、長押の施工について

Img_1957

こちらが長押の加工写真です。

三角形の形状をした板だったんですね。

Img_1960


これは長押を裏から見たところです。
三角形の根元部分に溝が掘ってあります。

そして何やら奇妙な形に所々三角錐状にえぐられています。

Img_1259

鴨居の上に薄い部材が飛び出しているのがわかるでしょうか?

この部分に長押の溝が嵌め込まれて取り付けられます。

Img_1994

横から見て見るとこんな感じです。

この三角形の部分によくハンガーとか掛けてありますよね( ^ω^ )

私は掛けるつもりはありませんが、妻は掛ける気満々のようですヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

Img_2013

ところであの三角錐の切れ込みは、螺子を揉むためのものだったようです。

私は他の部材と咬み合うものだとばかり思っていました(*v.v)。

Img_1982_2


それにしても 長押 ええわ~~゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

みなさんも「長押ええわ~~!」って思ったらポチっとお願いしますね。

↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

« 丸太3兄弟 | トップページ | 和室 ~竿縁天井の竿~ »

伝統工法」カテゴリの記事

コメント

読んでいて、1年前が懐かしくなりました。
工事って見てて飽きないですよね。
私もず~っと見ていたい気分でした。
そして、細部に至るまで本格的な日本家屋ですね。完成、楽しみにしています!!

我が家の長押は今からなので楽しみです。

設計時,長押にホコリ溜るの嫌でまっすぐにしてほしいとお願いしたら,
ネジ止められなくなるのでダメよと図を書いて説明を受けました。

和風建築の技巧みるの楽しいですよね。

我が家も三角錐なのかしら?

スプースさん
本当に大工仕事って見てて飽きないですよね。
毎日現場に行ける妻が羨ましいです。

なべ家さん
埃も溜まりますがハンガーも掛けれますし、
ご主人のヘソクリが隠されていたのを発見して( ̄ー ̄)ニヤリ

な~んてこともあるかもしれませんので
三角錐がいいんじゃないかな?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1528040/44755790

この記事へのトラックバック一覧です: 和室  ~長押(なげし)~:

« 丸太3兄弟 | トップページ | 和室 ~竿縁天井の竿~ »