ブログ紹介ページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

楽天おすすめモーションウェッジ

  • 楽天おすすめ商品

特集etc.

  • 今注目の!!

ブログ村

  • ブログ村ランキング

Takumiのお勧め

無料ブログはココログ

Linkplaza

« 完成後のメンテナンス 屋外木部の塗装DIY  | トップページ | DIY完成編 ボロボロ柱が復活の巻 »

2017年6月14日 (水)

完成後のメンテナンス 屋外木部の塗装DIY 研磨&塗り編

洗い作業の次は研磨作業です


Img_0544

粉塵が舞うので以下の商品で完全防備 ι(´Д`υ)あち~いい




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

☆あす楽対応☆  スマートペイント3点セット
価格:313円(税込、送料別) (2017/6/12時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

防塵メガネ!防護ゴーグル 3M 334AFゴーグル
価格:896円(税込、送料別) (2017/6/12時点)



まずはサンドシートで磨いてみます



Img_0546

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SHINEX(シャイネックス) サンドシートEX 中目 (240) STE-02
価格:443円(税込、送料別) (2017/6/12時点)


これできれいになればあとは布で拭き上げて完了なのですが・・・

やっぱりいまいちきれいにならない


ということでflair


Img_0550
いよいよブラックアンドデッカーの登場ですsign03






破風には細かな装飾がされているので中々細かいとこまでは届かないのですが何とか磨き上げ



Img_0554


これが①サンダー → ②サンドペーパー → ③布ふき取り後の写真です

Beforeがないのでよくわかりませんね



元々汚れがひどくなければ ①サンドペーパー → ②布ふき→③塗料塗りで完了なんですけどねsweat02



Img_0570

コチラは栗の柱

写真は上からとっているところ


左上の部分が磨き前その他が研磨後になります

水洗いで随分きれいになったと思っていましたが

磨きをかけるとそうでもなかったことがわかりますね

(=´Д`=)ゞ



栗も水に強く硬い木なので 傷んでいた東端の柱以外は磨いてもそれほど削れない

でも汚れが気になるので必死になって頑張りましたがそれでもとれないsweat01


どうやら汚れではなく内から出てきている樹脂が酸化した状態のようで・・・

それが理解できるまで結構無駄な努力をしてしまいました


水洗いでも腕の疲労は感じましたが研磨作業はさらに過酷

サンダーに慣れていないこともあり「しんどい しんどい」と独り言が多くなってしまいます


なにせウチの家族

息子が「遊びに行ってくる」と家を出たと思ったら

続いて娘と妻が二人そろって「買い物行ってくる」っと奮闘する私を残しお出掛け~sweat02


1人残され黙々と作業・・・・

( ̄◆ ̄;)「あ~腕は痛いし喉も乾いたし もうやめたろか?」


そんなこんなの葛藤もありつつ 何とか研磨作業完了





Img_0566

栗本来の色合いがよみがえりました







続いては養生作業

Img_0565

Img_0572

養生テープで柱の両端をカバーしたら


Img_0573
ゴミ袋をさいて柱周りを保護 


Img_0574

最後にこの上に新聞紙を敷いたら完了

柱部分の養生は簡単でしたが破風部分は瓦の形状に合わせないといけなかったり雨どいの支え部分があったりとかなり面倒でした

面倒すぎて写真撮る余裕すらなかったヾ(_ _*)ハンセイ・・・



次はいよいよ塗り作業


Img_0577

手袋・袖当て・シューズ袋を装着して準備完了

家族が誰もいないので自撮りです(# ̄З ̄)


今回利用したのはキシラデコール 色:スプルース



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【通常在庫品】油性キシラデコール 0.7L各色
価格:2150円(税込、送料別) (2017/6/13時点)


油性の浸透系ですがアレルギー反応の原因となる有機溶剤を使っているので

本当は肌に触れる可能性のある部分にはあまりお勧めしません

耐久性も2年と短いのですが・・・

今回は工具を購入した時の妻の反応から値段的に安い物を選んでしましましたsweat02

ただ、これまでの工程を考えると絶対長期耐久性のあるものがお勧めです

2年後にこの作業をもう一回やると考えると正直つらい



プラネットカラーは自然素材を使った物でアレルギー反応の原因となる物質を含まないし耐久性が5年と長いのでお勧めです

塗料以外に専用のうすめ液が必要になります



その他の自然塗料ではオスモが有名ですね



何はともあれ塗ります


塗り作業はこれまでの作業に比べると楽

30分ほどで塗り終えました

それでは


Before


Img_0575


After

Img_0581

キシラデコールはクリア色もありますが

今回はスプルース色を使用

塗る木の種類によって発色が変わってくるので賭けではありましたが

希望した感じになって満足


キシラデコールは24時間以上時間を空けての2回塗りなので完成は後日となります

少し濃い感じになるという事なので少し不安はあります

このままがベストなんだが・・・


という事で次回は完成記事になります



カテゴリ:完成後の変化やメンテナンス 過去記事







ブログランキングに参加しています

応援のポチッ↓とよろしくお願いしますヽ(*≧ε≦*)φ




ライフスタイル ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

« 完成後のメンテナンス 屋外木部の塗装DIY  | トップページ | DIY完成編 ボロボロ柱が復活の巻 »

完成後の変化やメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

完全防備~!(^^)!
いつもDIYネタをTVで観てて
防具してない~っと思うことがありますが
さすがTakumiさん
ばっちりですねっ^m^

一度でもここまできれいになってる~
二度塗りした後の完成楽しみ~☆

YOUさん
完全防備この季節は暑くて仕方ないですが
研磨作業は木くずが大量に舞い上がるので
やっぱりこれぐらいしてないと後が大変そうです

一度塗り綺麗ですよね
でも本当のこと言っちゃうと二度塗りした後より一度塗りの状態の方が
好みの色合いだったんですよね(*´v゚*)ゞ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1528040/70795191

この記事へのトラックバック一覧です: 完成後のメンテナンス 屋外木部の塗装DIY 研磨&塗り編:

« 完成後のメンテナンス 屋外木部の塗装DIY  | トップページ | DIY完成編 ボロボロ柱が復活の巻 »