ブログ紹介ページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

楽天おすすめモーションウェッジ

  • 楽天おすすめ商品

特集etc.

  • 今注目の!!

ブログ村

  • ブログ村ランキング

Takumiのお勧め

無料ブログはココログ

Linkplaza

大工工事

2012年5月25日 (金)

ベランダができるまで

ベランダの作製過程ををダイジェストでお送りしますヽ(´▽`)/

Img_1118


骨格ができたあとは、防水処理が施されます。

我が家はFRP

Img_1240


上部は防水シートが張られた後、ラス下地材が施工されました。

Img_1428


さらにその上からモルタル下地となる透湿・防水・防風シートが張られます。

Img_1516



ラス網が貼られモルタルが塗られていきます。

Img_1626_2


モルタルの上塗りがされました。

Img_1693


吹き付け塗装完了       水切りも取り付けられました。

Img_2028


笠木がついて残すは床の仕上げのみです。

ベランダの作り方ですが、基本的には我が家の外壁の作り方と同じになります。

Img_2645

最後は床を仕上げて完了です。



最後の床は先週完了しました。

工事の過程で傷がつかないように外部の最後の仕上げとしていただいたようです。

ブログランキングに参加してます。

↓応援のポチっとワンクリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年5月 8日 (火)

結構時間の掛る窓枠




我が家の大工工事は時間が掛りましたが、

どこがそんなに時間が掛るのかというと、どうも窓やドアの枠組みらしい。



既成品でないので、加工したり組んだりするのにどうしても時間が掛るようです。


Img_2476


これは、大壁仕様の部屋の窓枠

メルクシパインの集成材ですが、模様が面白くて好きです。

コスト的にも無垢材に比べると割安なので、そこも我が家にとってはありがたい♪(o ̄∇ ̄)/

Img_2474


こちらは真壁の杉の窓枠

和材ならではの品みたいなのがあるな~( ^ω^ )









あと窓枠と同じように時間掛るんだろうと考えるのが、幅木と廻し縁

Img_2470


真壁部分では溝を彫り込んで石膏ボードを挟み込んでいきます。

上の写真は廻し縁ですが、幅木も同じように加工されています。

和室ほど凝ってはいませんが、やはり“真壁” 手間が掛っています。



これなら木の収縮で多少の動きが出ても壁が浮くことはないでしょう。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年4月28日 (土)

ムンクのいない床





いいタイトルが思い浮かばなかったもので・・・ムンクに頼ってしまいましたsweat02




残っていたLDKの床張りです。


Img_2380


檜の板目です。

いい艶キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!



以前紹介した檜の床で相当期待はしていましたが、

期待を裏切りませんね(*^ー゚)bグッジョブ!!



Img_2390


こちらも1枚ずつ鉋(かんな)での調整をしながら張っていただいています。


いつもながら丁寧な仕事です。






それにしても、天井と床ができるとだいぶ部屋らしくなるもんですね。


最近仕事の伸びがいいので変化が楽しみです。


ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年4月27日 (金)

ムンクの潜む天井









完全にパクリですがsweat02・・・、我が家もムンクの叫びが潜む天井張りが始まりました。



Img_2384



杉の小幅板になるんですけど、ムンク叫んでいそうでしょ?





何がパクリかというと、“ムンクのいそうな天井”っという表現なんですね。



私の好きなブログの中で使われていた表現なんですけど

そこのお宅の天井もこんな感じで “ええな!!” って思っていたんです。

まさか我が家にもムンク君がやってきてくれるとはψ(`∇´)ψ



Img_2387



ムンクが見つかりましたか?



Img_2386



ブログ書きながら気がつきましたが、

あんまり長い事見てる・・・・(@Д@;目が回るで気w付けてくださいね。










タイトルで思いっきりムンク表現したから、原作者の方も見ていただけるかな?


ご感想お待ちしております。

ブログランキングに参加しています。
ムンク天井ありsign03って方、ポチっと↓お願いしますね。







にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

にほんブログ村

2012年4月23日 (月)

いろいろな無垢材が続々集合!!




現場にはいろいろな材料が次々に運び込まれています(◎´∀`)ノ

Img_2016


この下駄を履いたような材料は何だか分かりますか?

決して作業灯を取り付けるための下駄ではないんですけどねsweat02













Img_2017


正解は、床の間の床に使う地松の1枚板でした。

この上に↓の部材を取り付けて段を設けてもう1枚地松の板を収めていきます。

Img_2015

タイミングが悪く既に養生されていて完成写真は撮れませんでした。

いつ始まるかわからないWeb内覧会までおあずけですね(私を含めsweat02)。

Img_2115


こちらは、玄関の上がり框です。こちらも地松ですが、赤身で艶々です(*゚∀゚)=3 ムッハー!!



まるで濡れているかのような光沢たまらん;:゙;`(゚∀゚)`;:゙



Img_1978


こちらは三角形の材料に長い板、それに長さの揃った板が10数枚。

そうです!!階段の材料です。


我が家の顔とも言うべき“面倒な階段”がいよいよ施工されます。

ついに    “きった~!!”  って感じです。

これから無加工の板に墨出しをして、手刻みで仕口を作製し、仮組みを何回か繰り返しながら仕口を調整されていきます。




ということで次回より階段だsign03

階段好きよ!!ポチっと応援よろしく♪(o ̄∇ ̄)/

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

2012年4月21日 (土)

ちょっと床張り





和室では敷居の取り付けがされるようです。

Img_2189


柱の部分を彫り込んで敷居を収めるんですね。

いつもながらジト~って見入ってしまいましたヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ








・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日の本題は玄関の床張り

Img_2144


工事の段取りの関係でこの部分の床だけ先に張ってしまうようです。






Img_2168


1枚1枚鉋で面取りをしながら張ってくださっています。

いつもながら丁寧な仕事ありがとうございます。




Img_2213


檜の柾目を使用してもらったんですが(*゚∀゚)=3 ムッハー!!


何じゃこの色艶sign03  



もちろんこんなに良い材料はここだけ限定での使用ですが

それでも勿体ない気がしてしまう(@Д@;



写真の下の方に床材を加工した時の木屑が付いていますが、

触ると汚れそうな気がして払えなかったsweat02



最初にこの床の上を歩く時も相当気を使いそうだな(*^.^*)



にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村

2012年3月22日 (木)

○○専用階段がついたぞ

 

階段が掛っていましたo(*^▽^*)o

Img_1684_2


ジャーンsign03


でもこの階段は今まで記事の中で書いてきた面倒な階段ではありません。



???








実は我が家、階段2つあるんです。



この階段は・・・










私の書斎専用階段になりますr(^ω^*)))sweat02





場所がなかったもんで収納の上をステップアップにして2.5階に書斎を作ったんです。





しかも・・・

Img_1687

床を掘り込んで腰掛けられるようにしてもらってます((w´ω`w))




座り心地が余程良かったのか

妻からは「贅沢sign03」 娘からは「ズルイsign03poutpoutっとお褒めの言葉を頂きましたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ


この後カウンターを造り付けてもらうことになります。



楽しみ楽しみψ(`∇´)ψ




二人への言い訳としては、

「書斎用だけじゃなくて小屋根収納へ行く時にも必要な階段だから・・・」
っと必要性をアピールしていますが・・・あはっはっはsweat02



ちなみにこれが小屋根収納

Img_1690

3畳程度スペースですが、日頃使わないものを置くのには重宝しそうです。


今は、座敷わらしが一匹住みついてる模様´ω`)ノドモ








何はともあれ大工工事は本当にワクワクします。

ただ、当初大工工事は3月一杯で終了の予定だったんですが、

内部の大工工事は全行程の1/4程度しか終わっていない印象ですΣ(・ω・ノ)ノ!





まあ我が家が手間の掛る部分が多いのは確かなんですけどねモジモジ(。_。*)))




Img_1694

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー




って焦っても仕方ないので、いい仕事期待してます。

時間は掛りますが、待った甲斐がある仕事をしてくださいますから楽しみです(*^ー゚)bグッジョブ!!



にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村

2012年3月21日 (水)

ふっ吹き抜けが・・・(汗)








こちらの写真は覚えておられるでしょうか?

Img_1530

我が家の吹き抜けなんですが、

足場板がとれて開放的になっていました。

なっていました。  過去形の表現ですが、実は現在このようになっております。
















Img_1624

sign02       sign02  sign02  sign02 




            床ができてます。

やっぱり吹き抜けはもったいないので床を張ってもらいました∑ヾ( ̄0 ̄;ノ














っていうのは嘘なんですが・・・





内装仕上げの為にしっかりとした足場が必要ということで、床を組んでしまったようです。

Img_1625




上から見るとこんな感じ。

これはこれで本当にありかも・・・

4畳半分は床がとれます。

「将来部屋が必要になった時には、こういう選択もありだね。」

などと想像しながら楽しんでます。



それにしても足場組むと言ってたけど、完全な床を組み上げてしまうとは・・・

さすがです( ̄Д ̄;;

作業が終わって壊すのが少しもったいない気もしますが・・・

とりあえず内装作業ははかどる事でしょう!

あっ!!でも内装工事はまだまだ先の話になりそうなんですけどね゜.+:。(*´v`*)゜.+:。





にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村

2012年2月28日 (火)

気になる大工仕事  ~海布丸太~







先週は、大工さんが2人体制だったのでドンドン大工工事進んでいます。

Img_1538




真壁部分のプラスターボードです。下地材が入っているので固定箇所もたくさんあります。


Img_1539



よく見てみるとボードの固定も釘ではなくビスを揉んでいるようです。

おかげで変形しにくい壁ができるようです。

変形しにくいということは、クロスなどの内装にもきっと狂いが少ないんじゃないかと期待してしまいますね。


ちなみに大工さんは、ビスを“締める”ではなく“揉む”と表現されるんですけど・・・

これって全国共通なのかな? 皆さんとこではどうですか?




Img_1510


こちらは押し入れの建具を収める枠なんですが、

こうやって組んでから持ち上げて収めていくんですね。

結構な大きさの枠なんですけど、大工さんは1人でこれを収めていかれるんですよね。

本当に力が必要なんだなと思います。

私なら、まず一人で何とかしようとは思わないでしょうね。 ムリムリ…ヽ(○´3`)ノ ってね。





Img_1585


こんな感じで収まっていきます。















最後に今日の目玉

Img_1587

海布丸太と栗の束(つか)です。

細い方が海布丸太なんですが、こう見えても枝ではなく立派な丸太らしいのです。

このことは全然聞いていなかったので、現場ではじめて見てビックリ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

これが実にいい出来でして、写真も十枚以上撮ったんですがなにぶん腕が・・・

ちなみにこの丸太は以前紹介した丸太=錆丸太とは別物です。

引っ張ってるわけではないのですがまだ出番が来ないようです。







なんだかんだと言ってはいますが、何の写真かわかりにくいですね?










実は、

Img_1590

こうなっています。

栗の束を固定するために使用されているんですが、

角材でなく海布丸太を使用するあたりに工務店さんのこだわりが出ていますね。


この栗の束は、我が家の面倒な階段の手摺を受ける役割を持っています。

階段自体はまだまだ時間掛りそうなのですが、

階段掛ける前から興奮してしまっています(*゚∀゚)=3 ムッハー!!






大工さん曰く「最近はこんな階段は掛けなくなった」とのことで、

                     否が応でも期待が高まっていきます。

⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村

2012年2月26日 (日)

足場がとれたら!! つっかい棒?

 

例の吉野杉の足場板は覚えておられるでしょうか?





あの足場板がついに外されました。







初公開の吹き抜けです。









Img_1530




こんな感じです。  o(*^▽^*)o



それにしても高いsign03    開放感バッチリだsign03


でも高すぎて見上げていると首が凝ってしまいます。↑の写真で一番低いところでGLから約6mになります。

ちなみに一番高いとこでは8mオーバーになるので、感覚的には体育館の天井ですね(*^.^*)





天気の悪い夕方なので薄暗くなっていますが、明るくても私のカメラの腕ではこんな感じが関の山かもしれませんね(*ノv`)






そんな事より窓に何やらつっかい棒のようなものが…?

Img_1531






( Д) ゚ ゚ おお!! しなっとる しなっとる

見ようによっては、神社の鳥居にも見えますね。

とりあえず拝んどきましょ !!  パンパン(人-_ -)「今日も1日、妻にどつかれませんように…」sweat02









ところでこの鳥居の役目ですが、どうも取り付けた窓枠を固定しておく物のようです。

大工さんの仕事って本当に感心させられる工夫がいっぱいですよね。




Img_1480



次はこんな天気の日に、吹き抜けからの光の入り具合をチェックをしなくちゃいけませんね。





ところで吉野杉ですが、なんと我が家の本棚に生まれ変わるようですsign03

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー



Σ(・ω・ノ)ノ!あっ、あくまで専務の気が変わらなければの話ですが・・・。





♪(o ̄∇ ̄)/ 書いちゃいました・・・専務sweat02

(*_ _)人 よろしくおねがいします。










お賽銭代わりポチポチしてから拝んでくださいね。

なんとな~く、ご利益があるはずです人( ̄ω ̄;)

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村