ブログ紹介ページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

楽天おすすめモーションウェッジ

  • 楽天おすすめ商品

特集etc.

  • 今注目の!!

ブログ村

  • ブログ村ランキング

Takumiのお勧め

無料ブログはココログ

Linkplaza

左官工事

2012年6月11日 (月)

玄関土間のタイルと洗い出し




今日は玄関土間の左官工事の様子です。



まずは、玄関収納です。

Img_2839


こちらはシンプルにタイルにしてもらいました。

タイルは地味目です(*´σー`)












こちらは玄関土間です。

Img_2715


玄関は千鳥の洗い出しになります。

洗い出しはモルタルの下地に石を敷き詰めた後、再度モルタルを上から流して乾かせます。

そして乾ききる前に表面の余分なモルタルを洗い流して小石を表に浮き上がらせるという施工のはずですが、残念ながらその工程は写真に収められませんでした。


Img_2719


こちらは養生中の様子

この期間は玄関からの出入りができないので掃き出し窓から出入りすることになるのですが、脚の短い妻にとってはかなり大変だったみたいです(´,_ゝ`)プッ






Img_2724







中はこんな状態です。

明るい表情となるように石の種類は選びました。

石の大きさも何段階かあるですが、あまり小さいものだと石が取れやすいということだったので一番よく施工するサイズにしてもらいました。







Img_2720


玄関前といえば束石が楔で浮いた状態になっていましたが、こちらもモルタルで埋め戻され床のレベルと合わされました。













こちらが完成写真です。

Img_2841


仕上げは枠の部分に御影石を細かく砕いた物をモルタルに混ぜて仕上げて頂きました。



洗い出しの場合どうしても隅の部分が石を埋め込めなくなります。

そこで小石部分を囲むように枠をするのですが、通常は天然石を嵌め込んで止めるのだそうですが、そうするとその天然石の分どうしても施工費が高くなってしまいます。

そこで減額希望の我が家としては、天然石枠なしでお願いしていました。

だから枠部分は只のモルタルでおしまいだと思っていたんですが、

御影石を混ぜてもらたおかげでグッと質感が良くなりました。

天然石の枠よりこっちの仕上げの方がむしろ好きかも(*^ω^*)ノ彡





Img_2842_2





この質感でタイル仕上げとお値段は同じぐらいでイケましたよ(・∀・)イイ!

洗い出し!!いいかもっていう人

ポチっと↓イッテみよう!!

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

2012年6月 4日 (月)

塗り壁完成






真壁の聚楽壁と大壁の漆喰の上塗りが終了しました。




下塗りの乾燥期間は1週間ほど掛りました・・・念のため書いときますヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ


Img_2781



こちらが真壁部分の仕上がりです。

すこし淡い小豆色とでもいう感じでしょうか、完全に乾燥すると印象は少し変わってきます。

ちなみにカラーはNO.125(*imaoku2さん参考用です。)





Img_2784

いっしょに麻のスサを混ぜ込んでもらいました。

やさしい質感になったんではないかなっと自己満足中( ^ω^)おっおっおっ











Img_2833


こちらが乾燥が進んだ1週間後の状態です。

う~~んやっぱり写真じゃわからないかな?








大壁部分は漆喰ですが、こちらはスッキリと仕上げてもらいました。

Img_2811





どうでしょう?

和モダンな感じになってきました?

写真の柱は、初公開の栗の柱になりますがご覧の通り変形しています。

その変形した柱に沿うよう綺麗に壁を仕上げて頂きました。

この辺りはさすがに腕の良さを感じる仕上がりです(*^ー゚)bグッジョブ!!












ブログランキングに参加しています。

和モダンになってきたじゃん!!って思ってくれた人ポチっと押しとこ(/ ^^)/!!


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年5月31日 (木)

大壁の塗り壁





今日は大壁の左官工事の様子です。

真壁とは下地から違っています。

Img_2651


下地は通常のプラスターボードです。

大壁部分は、漆喰を塗るようになりますので、下塗りも漆喰専用になるようです。












Img_2709


下地が塗られた直後のようです。

水分を含んでいるのでまだら模様ですね。

ボードの継ぎ目が渇きが悪くラインが残っていますが、下地の継ぎ目にテープを貼っているらしくその関係で少し回りと渇きが変わってくるのかも知れません。





Img_2710


乾くとこんな感じです。

聚楽壁の下地と比べると白くて、これで仕上げですと言われても納得したかも?





次回は仕上げの上塗りを掛けた状態を紹介しますね(o^-^o)










ブログランキングに参加しています。

仕上げを見たいよ!!って人は応援のポチっと↓お願いしますね。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

2012年5月30日 (水)

塗り壁作業スタート!!








左官工事が始まっています。

まずは真壁部分の塗り壁からスタート。

Img_2432

上のような写真の下地に下塗りを掛けてきます。



Img_2647


寡黙な職人さんが黙々と鏝を滑らせていらっしゃいました。

いや~何であんなに均一にできるだろう?

本当に技だな( ̄▽ ̄)って大工仕事に引き続き見惚れております。





Img_2644


見惚れている間に完成!!

本当に真っすぐきれいな仕上がりです∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

これからしばらく乾燥させてから上塗りが行われるようです。




Img_2649


ということで、仕上げ材の色選びです。


以前紹介していたけいそう日本聚楽壁 は、カラーバリエーションが少なかったので

四国化成のけいそうジュラクス土壁 に変更させていただきました。

75色のカラーバリエーションの中から3色ほど見本を作ってもらって現場で色の確認


写真は、現場で確認するまでは一押しだった色だったんですが…。



結局これ以外の2色を塗っていただくことになりましたc(>ω<)ゞ




やっぱり現場である程度の大きさのサンプルを使って確認すると印象が変わってきますよ。

ブログランキングに参加しています。
応援のポチっと↓お願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村

2012年3月 1日 (木)

ラス網 ~ワイヤーラス~ 







ラス網とは



モルタルを塗るための骨組みになる針金状の網です。

Img_1501



こちらがその網です。

たくさんの網が重なってますので、よく見ないとわからないですね。

この網でモルタルをしっかり受け止めてやるわけです。

Img_1533



外壁全面にびっちりステープルで止められています。

Img_1534

材質はステンレスかな?




Img_1537


ちょっと引いてみてみるとダイヤがいっぱい並んだような形をしています。


ステンレスの網は左右から斜め方向に伸びているんですね。


この構造だと上下左右の引っ張りに対して拮抗するというよりは、ある程度しなって力を逃がすように計算されているんでしょうね。













・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆





次回はこちら↓

Img_1420




いよいよ床材が張られていきますヽ(´▽`)/

フローリング見たいぞ!!って方は、応援のポチっとお願いしますね(・∀・)ニヤニヤ

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村