ブログ紹介ページ

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

楽天おすすめモーションウェッジ

  • 楽天おすすめ商品

特集etc.

  • 今注目の!!

ブログ村

  • ブログ村ランキング

Takumiのお勧め

無料ブログはココログ

Linkplaza

完成後の変化やメンテナンス

2017年11月 7日 (火)

板塀のメンテナンス

我が家の板塀もすでに5年が経過しました


Img_2065
だいぶくすんだ色になってきましたが

メンテナンスフリーのウッドロングエコを塗っているので基本的には塗り直しは不要


Img_2066
表面はくすんできていますが あくまで表面のみで中の方は特に問題ないようです

ではこの板塀の何が問題かというと・・・



Img_2069
真鍮釘が抜けてきている!!

木が膨張と収縮を繰り返すので 段々釘が緩んできています

デザイン的には真鍮釘の方がいいんですが メンテナンス考えるとビスの方がいいですね

この板塀も一番上だけはビスで留めているんですが さすがにビスのところは緩んでない

このまま放置すると完全に釘が抜け落ちるのも時間の問題なので(数か所は既に抜け落ちているとこもありましたsweat02


Img_2068
脚立を持ち出して トントン叩いて回りましたが

一番上はこの脚立では届かないのでビス留めしてもらっていて正解でした

こうなることを見越してビス留めにしてたのかな?

だとするとK浦氏 さすがです(*^ー゚)bグッジョブ!!


釘を打つこと自体は大した手間ではないので

この板塀でも10分もあれば完了

でも届かないところは簡単にはメンテナンスできそうにないので

そういう場所は釘よりビスにしておいた方がいいですね




過去記事:完成後の変化やメンテナンス

ブログランキングに参加しています

応援のポチッ↓とよろしくお願いしますヽ(*≧ε≦*)φ

ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村


ライフスタイル ブログランキングへ

2017年9月25日 (月)

トイレ手洗いの天板を塗装しました

まさに台風18号到来の最中

家の中で何もすることがなかったので ふと気になったトイレ手洗いの天板を塗装することにしました

Img_1949
コチラが問題の天板

Img_1950

アップで見てみると 水栓周りを中心にかなりシミが出てきています

天板の素材は栗で エゴマ油でオイルフィニッシュ仕上げです

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

yuwa木材クリーナー 320ml[yuwa 洗剤 住居用]
価格:754円(税込、送料別) (2017/9/21時点)


まずは白木専用のクリーナーで汚れを落とし



この前テーブル作りで使用したヴィンテージワックスを歯ブラシを使って塗っていきます

ヴィンテージワックスもエゴマ油が主成分なので 仕上がりは完成時と同じになるはずです


Img_1954
手洗い鉢の裏側とかは 狭いので歯ブラシでも結構大変sweat02

こういう機会でもない限り なかなか隅々まできれいにしようとは思えません

掃除の事を考えると壁にピッタリくっついたタイプの方がいいですね

ワックスを塗り込んだら30分程乾かして拭き取ったら完了です

本当は24時間後にもう一度空拭きするみたいですが・・・



Img_1955
最初は天板だけのつもりでしたが やっていると夢中になるタイプなので 下の収納まで塗り込みました

危なく柱まで手を出そうかと考えてしまいましたが 

キリがなくなりそうなので止めました(=´Д`=)ゞ


Img_1957

写真の左側が塗装後 右が塗装前です

あまり違いは分からないですが 取っ手部分とかは違いが判りますかね?

それでは 塗装後の天板です


Img_1962

Img_1961

やっぱり違いは分かりにくいですね(笑)

実物は 結構きれいに仕上がりました

さて 嵐の中頑張って仕上げた天板への家族の感想はというと…








sad      くさ~い!! これ臭いなんとかならんの?!


( ̄◆ ̄;) えっ?! きれいになったとか 頑張ったね とかないの???




(゚ー゚; という事できれいになったことよりも エゴマの臭いの方が勝って不評でした

私の心も雨模様ってことで おあとはよろしいようで・・・



 

過去記事:完成後の変化やメンテナンス

ブログランキングに参加しています

応援のポチッ↓とよろしくお願いしますヽ(*≧ε≦*)φ




ライフスタイル ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

2017年6月29日 (木)

壁のクラックにはご用心

柱の塗り替えをしていた時に 壁にちょっと気になることが・・・
  ↓
*DIY完成編 ボロボロ柱が復活の巻


Img_0597

下屋と壁の継ぎ目の部分

この写真ではわかりにくいですが


Img_0596

アップにしてみるとクラック発見

木を使っていると どうしても乾燥による収縮でこういうのが出てくるんですよね


ちょうどK浦氏がきていたので

(◎´∀`)ノ      コーキング持ってる?

Img_0614

この時は台所周りなどで使用するコーキング材しかもっていないという事でしたが

ないよりはましってことでやってもらいました  タダで(笑)

小さなクラックでも雨水が浸入するとあっという間にボロボロになってしまいますからね

とりあえず正面部分は下屋の両脇2ヶ所だけでしたが

今度時間見つけて家の周りをぐるっとチェックしてみようと思います




過去記事:カテゴリ完成後の変化やメンテナンス

ブログランキングに参加しています

応援のポチッ↓とよろしくお願いしますヽ(*≧ε≦*)φ




ライフスタイル ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

2017年6月16日 (金)

DIY完成編 ボロボロ柱が復活の巻

3日間に渡った塗装作業の最終日です


Img_0592

1回目の塗り作業後



そして

Img_0595
コチラが2回目の塗り作業後です

2回目になると少しくすんだ感じになってしまいました


今回はスプルース色を使いましたがカラレスの方がよかったかも?
もしくは1回目スプルース 2回目やすらぎ(クリア)てのもありだったかもしれません

キシラデコールは色を混ぜても使えるらしいので

スプルース:クリア=1:1がベストだったかもしれません
まあとりあえず合格ラインかな( ̄ー+ ̄)






それではBefore →Afterを行きますよ
Before


Img_0467

After


Img_0656



Before


Img_0469


After


Img_0654

どうでしょう?

合格ラインの復活でいいでしょ(◎´∀`)ノ

もうどこ叩いても中の詰まった音しかしませんよscissors



Img_0642
塗り直して3日目に雨が降りましたが


Img_0643
しっかり水を弾いていました (v^ー゜)ヤッタネ!!





続いて破風部分





Img_0630
こちらは1階部分と2階部分との比較がわかりやすいと思います



アップで見てみると・・・

Img_0638
2階の破風


Img_0629
1階の破風



2階の破風も あれはあれで味と言えば味でいいのですが

それと見比べると1階部分は新品て感じですねscissors




ちなみにコチラが新築当時の玄関

Img_4426


Img_4622

だいぶ新築当時に近づけたんではないでしょうか?

さすがに壁の色はキレイですねsweat02




実は完成した日に外構を担当したK浦氏が遊びに来ていたので

出来栄えについて聞いてみました

結果は・・・









合格sign03


ヽ(*≧ε≦*)φヨッシャー




ついでに聞いてみました


K浦氏だったらこの作業いくらでやる?



回答は・・・









最低でも6万円sign03



今回は、道具代を除くと塗料や消耗品で5000円程度掛かっていますので

11/12は技術料ってことでほぼ手間代ですね


ヽ(´▽`)/私頑張りましたよ奥様~♪



(-ε-)
確かこれ↑買ったときに「素人が何かやると余計にお金が掛かるとおっしゃっていましたね」

coldsweats01  あははは


(○゚ε゚○)
 
今回は道具代+塗料などの消耗品で約3万円掛かりましたね

6万円-3万円ってことは3万円プラスですね・・・



(*゚▽゚)ノ ということで小遣い前借はなかったってことで!!



gawk  それはすでに契約済みです



\(;゚∇゚)/ じゃあじゃあ↓こんな買ってもらうってのはどうでしょうか?


happy01  ハイハイ それじゃ今日は発泡酒じゃなくビールってことでsign01


( ̄◆ ̄;) えっ これだけ頑張ってもビール1本?!




(u_u。) ということでDIYは成功しましたが私のお小遣いは返って来ないようです




みなさんからの応援のポチッとだけが私へのご褒美となりますので

よろしくお願いします。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。




カテゴリ:完成後の変化やメンテナンス 過去記事








ブログランキングに参加しています

応援のポチッ↓とよろしくお願いしますヽ(*≧ε≦*)φ




ライフスタイル ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

2017年6月14日 (水)

完成後のメンテナンス 屋外木部の塗装DIY 研磨&塗り編

洗い作業の次は研磨作業です


Img_0544

粉塵が舞うので以下の商品で完全防備 ι(´Д`υ)あち~いい




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

☆あす楽対応☆  スマートペイント3点セット
価格:313円(税込、送料別) (2017/6/12時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

防塵メガネ!防護ゴーグル 3M 334AFゴーグル
価格:896円(税込、送料別) (2017/6/12時点)



まずはサンドシートで磨いてみます



Img_0546

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SHINEX(シャイネックス) サンドシートEX 中目 (240) STE-02
価格:443円(税込、送料別) (2017/6/12時点)


これできれいになればあとは布で拭き上げて完了なのですが・・・

やっぱりいまいちきれいにならない


ということでflair


Img_0550
いよいよブラックアンドデッカーの登場ですsign03






破風には細かな装飾がされているので中々細かいとこまでは届かないのですが何とか磨き上げ



Img_0554


これが①サンダー → ②サンドペーパー → ③布ふき取り後の写真です

Beforeがないのでよくわかりませんね



元々汚れがひどくなければ ①サンドペーパー → ②布ふき→③塗料塗りで完了なんですけどねsweat02



Img_0570

コチラは栗の柱

写真は上からとっているところ


左上の部分が磨き前その他が研磨後になります

水洗いで随分きれいになったと思っていましたが

磨きをかけるとそうでもなかったことがわかりますね

(=´Д`=)ゞ



栗も水に強く硬い木なので 傷んでいた東端の柱以外は磨いてもそれほど削れない

でも汚れが気になるので必死になって頑張りましたがそれでもとれないsweat01


どうやら汚れではなく内から出てきている樹脂が酸化した状態のようで・・・

それが理解できるまで結構無駄な努力をしてしまいました


水洗いでも腕の疲労は感じましたが研磨作業はさらに過酷

サンダーに慣れていないこともあり「しんどい しんどい」と独り言が多くなってしまいます


なにせウチの家族

息子が「遊びに行ってくる」と家を出たと思ったら

続いて娘と妻が二人そろって「買い物行ってくる」っと奮闘する私を残しお出掛け~sweat02


1人残され黙々と作業・・・・

( ̄◆ ̄;)「あ~腕は痛いし喉も乾いたし もうやめたろか?」


そんなこんなの葛藤もありつつ 何とか研磨作業完了





Img_0566

栗本来の色合いがよみがえりました







続いては養生作業

Img_0565

Img_0572

養生テープで柱の両端をカバーしたら


Img_0573
ゴミ袋をさいて柱周りを保護 


Img_0574

最後にこの上に新聞紙を敷いたら完了

柱部分の養生は簡単でしたが破風部分は瓦の形状に合わせないといけなかったり雨どいの支え部分があったりとかなり面倒でした

面倒すぎて写真撮る余裕すらなかったヾ(_ _*)ハンセイ・・・



次はいよいよ塗り作業


Img_0577

手袋・袖当て・シューズ袋を装着して準備完了

家族が誰もいないので自撮りです(# ̄З ̄)


今回利用したのはキシラデコール 色:スプルース



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【通常在庫品】油性キシラデコール 0.7L各色
価格:2150円(税込、送料別) (2017/6/13時点)


油性の浸透系ですがアレルギー反応の原因となる有機溶剤を使っているので

本当は肌に触れる可能性のある部分にはあまりお勧めしません

耐久性も2年と短いのですが・・・

今回は工具を購入した時の妻の反応から値段的に安い物を選んでしましましたsweat02

ただ、これまでの工程を考えると絶対長期耐久性のあるものがお勧めです

2年後にこの作業をもう一回やると考えると正直つらい



プラネットカラーは自然素材を使った物でアレルギー反応の原因となる物質を含まないし耐久性が5年と長いのでお勧めです

塗料以外に専用のうすめ液が必要になります



その他の自然塗料ではオスモが有名ですね



何はともあれ塗ります


塗り作業はこれまでの作業に比べると楽

30分ほどで塗り終えました

それでは


Before


Img_0575


After

Img_0581

キシラデコールはクリア色もありますが

今回はスプルース色を使用

塗る木の種類によって発色が変わってくるので賭けではありましたが

希望した感じになって満足


キシラデコールは24時間以上時間を空けての2回塗りなので完成は後日となります

少し濃い感じになるという事なので少し不安はあります

このままがベストなんだが・・・


という事で次回は完成記事になります



カテゴリ:完成後の変化やメンテナンス 過去記事







ブログランキングに参加しています

応援のポチッ↓とよろしくお願いしますヽ(*≧ε≦*)φ




ライフスタイル ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

2017年6月13日 (火)

完成後のメンテナンス 屋外木部の塗装DIY 

さて前回予告してました屋外木部の塗装メンテナンス記事ですrock

まずは作業開始前の現状です

Img_0469_2
まずは下屋を支える柱

特に一番手前の東端の柱が雨風にさらされ劣化が著しい

Photo
東の柱でも特に東面は黒ずみも激しく 叩いた時の音もちょっと低めです

木の表面が腐朽菌による浸食が始まっていることがわかります


Img_0489
下屋の両端にある破風もかなり黒ずんできました


Img_0488
柱までは家にある脚立で出来ますが破風はさすがに無理なので

近所のお宅から3mはあるであろう庭木の剪定に使う脚立を借りてきました



それでは作業開始!!

まずは洗い出しです


Img_0503
使った道具は家庭菜園に使っている散水ホースとたわし・デッキブラシ・靴みがき用ブラシ


最初に言っておくと


汚れが一番よく落ちたのが靴みがき用ブラシ

でも一度に磨ける範囲が狭いのでまずはデッキブラシもしくはたわしで磨いて落ちない部分を靴用ブラシで磨きあがるのが効率的でした


Img_0497

とは言っても不安定な脚立の上での作業

しかも手を挙げた状態で磨いていくのでとにかくしんどいsweat01


Img_0500
でも磨くとかなり汚れが落ちるので

やっていて遣り甲斐はある

↑の写真の柱の手前側 ちょうど私の足から上の部分が洗った後 その下が洗う前です

水洗いだけでもしっかり木目が復活してきました


とにかくひたすら水と不安定な足場との闘いって感じで

磨いている腕はもちろん背中も脚もかなりのダメージ


Img_0484
とりあえずブランチとって体力の回復

テーブル作ったおかげで最近日曜のお昼はほとんど外で食べるようになりました

テーブルDIY記事→コチラ



さてさてそんな感じでほぼ1日柱と破風を磨いて1日目は終了

乾燥した次の日の写真


Img_0508
破風


Img_0537
アップにすると多少黒いのは残っていますが

ほぼ新品って感じ~♪

やっぱりヒノキ強いですね 表面だけをこすり落とせば中は問題なしでした


さて問題の東端の柱は?

Img_0535


Img_0506


まっくろくろすけ は返上です~♪

ついでだったので梁部分まで水洗いしました

梁は水にぬれることがないのでほとんどなでる程度だけですが

それでも一皮むけた感じになりました



でも柱はやっぱり水洗いだけでは取れない黒ずみや色の抜け落ちた白い部分があるので

予定通り後日磨き作業に取り掛かります



いよいよ ブラック・アンド・デッカー マルチツールプラスエボの活躍の場面です!!




カテゴリ:完成後の変化やメンテナンス 過去記事






・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

おまけ

Img_0504

濡れ縁とK浦氏作製の椅子も随分汚れてきていたのでこちらも洗いました



Img_0512

シミになってる部分を除けば完全復活

こちらも水に強い杉の赤身材を使用しているのでやっぱり丈夫だ



この辺り 材料にこだわる工務店を選んでやっぱり正解でしたねscissors







ブログランキングに参加しています

応援のポチッ↓とよろしくお願いしますヽ(*≧ε≦*)φ




ライフスタイル ブログランキングへ

2017年6月10日 (土)

家のメンテナンスやDIYにお勧めのアイテム

新築から5年経過した我が家

玄関の下屋を支える3本の柱や破風の傷みが出てきました

Img_0466

こちらがその柱

3本のうち2本はまだいいのですが

一番東側にあるこの柱、雨風の直撃を受けるためかなりのダメージ

真っ黒に変色し表面の劣化が著しい

元々完成時は荏胡麻油が塗布されていましたが完成後1年程度で撥水機能がなくなり今ではこんな状態


Img_0471
こちらが破風

同じく劣化してきています

梅雨入りを前に何とかしなけばと思い立ったのが3週間前

でも保護塗料を塗るにしても水洗いしただけでは難しそうだったので近くのホームセンターへ道具を購入しにrvcar




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 新興製作所 サンダー SDS200D
価格:2668円(税込、送料無料) (2017/6/8時点)


こんな感じの安い電動サンダーが欲しかったんですが

ちょうど行った時に店頭販売がされていて

その時に目に留まったのが↓



ブラック・アンド・デッカー マルチツールプラスエボ

コチラの商品 ヘッドを取り換えることで電動ドライバー→インパクト→丸ノコ→サンダーと1台4役となるsign03


それにバッテリー2個と専用ソフトケース付でこのお値段

森泉もご愛用の便利グッズでもあるらしい



しかも、専用ヘッドを追加することでトリマーやジグソーさらには空気入れとかにもなる


(*゚▽゚)ノ欲しい!!




でも完全に予算オーバーsweat02


諦めかける私に店員さんから

「今だけ2000円OFF」  「それにバッテリーパックも もう1個追加しますよ」


それならばと私も「それにジグソーヘッドも付けてもらえますか?」


さすがに店員さんもちょっと躊躇してましたが・・・

「わかりました内緒ですよ」と

2000円引き+バッテリーパック1個追加+ジグソーヘッドで交渉成立


現金の持ち合わせがなかったのでカード決済して帰宅




恐る恐る妻に・・・

(;´▽`A``「お小遣い前借という事で買っちゃいました」



当然納得のいかない妻からは

pout 「本当にもう 素人がなんかしようとすると余計お金が掛かるわ」

と捨て台詞まで・・・


まあ相談なしの購入だったので ここはぐっと我慢


(≧ヘ≦) 「今に見ておれ!!」と心の中で叫びながら柱メンテナンスに挑むことになりました


ということで次回から柱メンテナンスの記事になります

お楽しみに~♪




カテゴリ:完成後の変化やメンテナンス 過去記事






ブログランキングに参加しています

応援のポチッ↓とよろしくお願いしますヽ(*≧ε≦*)φ




ライフスタイル ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

2015年11月 2日 (月)

シーリングファンの掃除

久しぶりの家ネタです



10月17日


Img_0550
吹き抜けには必須のアイテム シーリングファン

我が家では春と秋に風向きを変更するタイミングで掃除をしています



Img_0551
我が家のシーリングファンかなり高いところに設置されているので

掃除もひと苦労・・・ってならないように

寝室の小窓から掃除できるような位置に設置してもらってます

r(^ω^*)))



Img_0561
とは言ってもこういう伸縮モップは必要になんですけどね

それにしてもシーリングファンって意外と汚れるんですよね

風向が同じで回っている時はいいんですけど

風向を変えて逆回転し始めたとたんに・・・






Img_0562

こんなひも状になった綿ボコリが落ちてくるsweat02

最初にこれが落ちて来た時は

虫が落ちてきたのかとびっくりしたものです

シーリングファン取り付けるなら掃除の事も考えておかないと・・・悲惨




Img_0554
Before

こちらが掃除前

Img_0556
回っている時はあまり気になりませんが

止めてみると大変な状態sweat01


Img_0564
After

綿ボコリが落ちてくる心配なし(◎´∀`)ノ

これで春まで掃除しなくても大丈夫


完成後の変化やメンテナンス⇒過去記事



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

おまけ

RUNはカットやシャンプーが大嫌いなので

連れて行かれることを察知すると

Photo

むちゃくちゃ嫌な顔をして抵抗する





だけど最近は少し慣れてきたのか



Photo_2

観念するのは早くなってきた┐(´-`)┌




それではこちらも・・・



Dsc_0893
Before













Photo_3
After

(^-^;  いや、残念ながら来月にはまた連れて行かれるぞ



Img_2032
走れ!!RUN⇒過去記事






ブログランキングに参加しています

応援のポチッ↓とよろしくお願いしますヽ(*≧ε≦*)φ




ライフスタイル ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2015年6月27日 (土)

完成から3年~塗り壁の変化~

本当に久しぶりの家ネタです

Img_0437

我が家の1階部分は塗り壁ですが

塗り壁にする時の心配事のひとつとして

完成後、木の乾燥に伴い壁が収縮して壁の端に隙間が生じる事があります

通常1年ぐらいで落ち着くらしいのですが

完成後3年経過した我が家の壁はというと

Img_0438

↑玄関の真壁部分

よく見ると髪の毛1本分ぐらい隙間が生じているところもありますが

ほとんどの部分で隙間なく完成時の状態をキープ出来ていますscissors

我が家を建てて頂いた工務店さんでは

木の収縮から来る歪みが完成に影響出ないように

上棟後しばらく養生期間をとるようにしていますが

その影響か本当に完成後の歪みは少ないと思います

木製の建具も使っていますが、1回調整してもらって以降

問題なく使えています

Img_0456

こちらは脱衣所の漆喰壁(大壁)

Img_0457

一番隙間のできやすいコーナー部分もバッチリ

Img_0441

同じくリビングの漆喰壁

Img_0442

こちらも目に見える隙間はゼロ

建築会社によっては、完成後に隙間が出来ることを予測し

完成後1年で塗り替えサービスをしている会社もありましたので

正直ここまできれいに保てるとは思っていませんでした

これに関しては、先程の木材の収縮が落ち着くまでの期間をとる事と

合わせて下地をしっかり作るという工程も影響していると思います

下地工程については↓

過去記事⇒ 下地で差の出る床と壁 塗り壁作業スタート  大壁の塗り壁  塗り壁完成

 

Img_0445

ちなみに吹き抜けに面した2階部分ですが

こちらも塗り壁ではありませんが

真壁なのでやはり隙間が出来る可能性があります

Img_0447

和紙張りで仕上げていますが

こちらも気になる隙間はなく落ち着いています

Img_0446

和紙なので日光直撃の吹き抜けでは

日焼けによる変色は避けられないと考えていましたが

思ったほどの変色もなく静電気を生じない和紙の特性で

汚れもほとんど着かない状態でキープできています

さてここまで来ると完璧なように見える我が家ですが

実は大きく隙間の空いている壁もあるんです

Img_0449

それがこちらのトイレ

手洗いの天板と壁との境目に注目すると・・・

Img_0450

ガッツリ隙間が空いていますsweat02

こちらは完成後数カ月でこの状態となって

そのまま現在に至っています

最初は曲がった天板の形状の影響かとも思いましたが

Img_0448

同じように曲がりくねったキッチンの柱部分は問題なし

どうやら天板に使う板は柱より薄い分

急激に乾燥して収縮するようです

リビングのカウンターも同じような隙間を生じているので

こういった部分の隙間は避けようがないみたい

これjから家を建てられる方は

こうした部分は隠れるように工夫する事をお勧めします

いや~(*´σー`) 本当に久々の家ネタ記事でしたね

次の家ネタ更新は半年後か1年後か?

気長にお付き合いください(*^ω^*)ノ彡

完成後の変化やメンテナンス⇒コチラ

WEB内覧会⇒コチラ






ブログランキングに参加しています

応援のポチッ↓とよろしくお願いしますヽ(*≧ε≦*)φ




ライフスタイル ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2014年10月23日 (木)

新築後2年 意外な盲点に ぎゃあー!!

次は外構完成記事と豪語してましたが

照明工事が週末になりそうなので

先週書いてた記事の方を先にアップc(>ω<)ゞ



。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚






その夜 これを発見した時には


ぎゃあー!! !(゚ロ゚屮)屮



って叫んでしまいましたsweat02


何を発見したかというと・・・









Img_9746

勾配天井

我が家の中でもお気に入りであるこの場所に

本来あるはずのない物が・・・


















それがこちら↓



Img_9747

ぎゃあー!! !(゚ロ゚屮)屮



垂木や棟木から綿ボコリが垂れてるsweat01


建築前から梁の上やシーリングファンについては

埃をかぶることを考慮して掃除をしやすい間取りを考えていましたが


まさかこんな所から綿ボコリが垂れ下がってくるとは( ̄◆ ̄;)




Img_9751
幸いファミリールームからモップ伸ばしたら

何とか届く部分だったので今回は奇麗にすることが出来ましたが

場所によっては、掃除が難しくなる場所も出てきそうです。


勾配天井は、通常の天井よりも高くなるので

掃除の事も考えておいた方がいいですね(  ̄^ ̄)ゞ



完成後の変化やメンテナンス


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

おまけ

Img_0503

以前我が家にタレタレ系のアイビーを吊るしたという記事を書きましたが

その後あえなく枯れてしまいました(;´▽`A``

育てやすいはずのアイビーなのになぜ?

水遣りすぎ?



今度はヘデラという種類に植え替えましたが

今度は大丈夫だろうな?



   



∑ヾ( ̄0 ̄;ノ あと!!

最近キッチンに蟻が出没するようになったんですsign03












Img_0507

こんなやつですけどねヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ






・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



      



もうすぐハロウィン

皆さん準備とかしてるのかな?

我が家は今のところ動く気配なしですが・・・ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ









ブログランキングに参加しています。

応援のポチッと↓バナーをクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


マイホーム ブログランキングへ