ブログ紹介ページ

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

人気ブログランキング


ブログ村

  • ブログ村ランキング

楽天おすすめモーションウェッジ

  • 楽天おすすめ商品

特集etc.

  • 今注目の!!

Takumiのお勧め

無料ブログはココログ

Linkplaza

家遊び&DIY

2018年4月20日 (金)

またまた問題だ

元々花台だったものを収納に作り変えようと現在奮闘中のTakumiです


Img_3365

花台の作り方を知りたい方は→コチラ


収納への作製過程を最初から見たい方は→コチラ



さて亀のように作製がのろくなっている花台収納ですが、作るには作っているんですけど細かい部分が続いていて記事にするにもあまりネタにならないんですよね

という事で簡単に大きな変化が見れる天板の板張りでもしてみようかと思います



Img_4785

防水処理した天板の上に化粧用の杉板をカットしてとりあえず並べてみました





しかしここにきて問題が






上の状態で扉のドアを開いてみると・・・







Img_4786

( ̄◆ ̄;)ありっ? 開ききらない・・・


Img_4827

上に敷いた板の厚みのせいで扉と干渉してしまっているのが原因なんですが、以前確認した時にはちゃんと開いてたんだけどなんで?

やっぱり扉のねじれとか大きくなってるんでしょうか?


まあ原因は何であれ、これを何とかしないといけないのは変わらない




板の角をカットすれば何とかなりそうな感じなので



Img_4787
以前ワンコハウスを作った時に使った大留切り用の冶具で板の端を45°にカットしてもう一度扉を開いてみました


結果・・・









Img_4829

うん (゚ー゚; ダメそう


これはもう少し角度をつけて板をカットしないといけないみたい。しかもかなりの数の加工になる・・・



よし!! (* ̄0 ̄)ノまたの機会にしよう



ちょっとしんどい作業になりそうなので

もうちょいやる気が出てきたら頑張りたいと思います(笑)



もう 一難去ってまた一難って感じ

本当に完成するのかな…





ちなみにこの日は他に



Img_4867

脚部分の仕上げ材などを貼ったりしてましたが、4つの脚の大きさも微妙に違ってきているので現場合わせで材料をカットして、下に潜りこんで狭い場所で釘打ちと見た目あんまり変わらないけど結構しんどいという作業ばっかりsweat02


でもこういうとこ手を抜くと見た目がいまいちになってしまうのでコツコツと地味~にやってます






DIY専用ページ T'z Factoryは→コチラ

*DIY専用ページはスマートフォン表示では閲覧できませんのでPC表示に変換後上記をクリックしてくださいね


ブログランキングに参加しています

励みになりますので応援よろしくお願いします


下のバナーをクリックしてもらうとポイントになります

色んなDIYブログも見れますのでちょこっとお願いします




にほんブログ村



人気ブログランキング

2018年4月16日 (月)

鍵を作る

元々花台だったものを収納に作り変えようと現在奮闘中のTakumiです


Img_3365

花台の作り方を知りたい方は→コチラ


収納への作製過程を最初から見たい方は→コチラ




さて久しぶりにDIYネタです


Img_4741
収納の扉ですが、こちらから見ると普通なんですが


Img_4740
反対側から見るとこんな感じで歪んでますdown

まあ 最初から歪んではいたんですが

時間と共に段々ひどくなってる気がする



このままでは雨入り放題

天板の防水がようやく解決したのに これじゃ意味がない



しっかり閉まるようにしなければ






ということで





鍵をつけて開かないようと考え





Img_4745


こんな鍵を買ってみたんですが


なんだかしっくりこない・・・


歪んでいる扉を押さえつけるにもなんだか頼りない気もして





それならいっそ作ってしまおうという事で





Img_4603

端材を加工して


Img_4610

こんな感じの部品を切り出しました


Img_4614

H部分を左右にスライドさせて扉をロックするつもり



最後は右側の板を上からビス留めして抑え込みます




Img_4748

H部分は強度が必要なので


真ん中の材料は 木目が横方向になるように横の縦の材料は木目が縦になるように切り出しています



Img_4753

H部分の接着はボンドだけでは不安があるので


穴を空けてから木ネジで固定して


Img_4754
最後は木ダボで隠しました



Img_4756


本体へは木ネジで固定して あとは上から板をビス留めしたら完成ですが


この段階で蓋してしまうとH部分に塗料が塗れなくなってしまうので


今日はここまでです



上手く扉が閉まるといいんですが



結果がわかるまでもう少しかかりそうです




つづく









DIY専用ページ T'z Factoryは→コチラ

*DIY専用ページはスマートフォン表示では閲覧できませんのでPC表示に変換後上記をクリックしてくださいね



ブログランキングに参加しています

励みになりますので応援よろしくお願いします






下のバナーをクリックしてもらうとポイントになります

色んなDIYブログも見れますのでちょこっとお願いします




にほんブログ村



人気ブログランキング

2018年4月10日 (火)

天板防水や脚の補強

元々花台だったものを収納に作り変えようと現在奮闘中のTakumiです

Img_3365

花台の作り方を知りたい方は→コチラ


収納への作製過程を最初から見たい方は→コチラ



さて DIYをやっているとこれつまんない

なんだかやる気出てこないなぁ~って作業があるんですが

今回はそんな内容です



見た目的にも大して変わりもないので

そのつもりで見てくださいね





さて まずは天板防水ですが

一番の課題だった水漏れについては解決できましたが

全面コーキングにしたことで 天板がベトベトした感じになってます

誇りとがつくと取れにくいし 室内用のコーキング材を使っているので

紫外線劣化すると硬くなってひび割れる可能性もあるので

上から仕上げ用の板を張り付けることにしました



結局張るんかい!!ってツッコミもされそうですが

それでも今までは溝を掘ろうと考えていたので

その手間が減った分だけずいぶん楽になると思うので・・・張ります







Img_4589
そうなると前回のコーキング

見た目重視であまり厚く塗ってないので

もう一回重ね塗りしていこうと思います




物はついでなので

この際隙間という隙間をコーキング材で埋めていきます


Img_4723

天板と壁の隙間や


Img_4724
こういったとこや


Img_4727

ここや


Img_4725

こんなところも


どの部分も完成したら見えなくなるから適当でいいやっといい加減に塗っていったら・・・










Img_4746

( ̄◆ ̄;) なんだか感じ悪くなってきてしまったsweat02


きっとこの後綺麗になるはず・・・なんだけど


何だか凹むdown








凹んだままお次の作業



Img_4592
湿気対策で付けた脚の部分がまだまだ貧弱だったので

補強に使えそうなものを買い込んできました


が・・・


Img_4596



当初計画ではこんな感じで脚の内側に対角線上に取り付けるつもりだったんですが


脚の幅が狭すぎて ドリルで下穴があけられない・・・もうdown



仕方ないのでImg_4598

脚の外側から固定する事にしました

テーブルの上にのせての作業ですが

下に潜っての作業は地味に疲れます




Img_4594

お次は波釘で補強を試みましたが

↑の写真のギザギザ部分がその挑戦の跡

結局上手く入らなかったので




Img_4595
お次はカスガイを打ち込もうとしましたが

これも思うように入っていかない(u_u。)



カスガイや波釘を打ち込む場合

打ち込む板や柱がかなりしっかりしてないと打ち込む力が脱げてしまって

上手く行かないみたいです





Img_4599

結局使えたのは この細い糸カスガイだけ

まあ ないよりはましでしょう



でもこの糸カスガイ おもいっきり鉄製

このままではサビサビ決定なので



Img_4601

上から木工用ボンドの塗りたくる

封の開いてないコーキング材もあったんですが

空気に触れなけりゃ一緒だろってことでボンドで代用



なにより 中々うまくいかない状況に少々やる気を失ってます

ボンドの塗り方にやる気のなさが出てますね


はあ 大して進んでないけどなんだか疲れた



今日はこの辺りで終了です





つづく












DIY専用ページ T'z Factoryは→コチラ

*DIY専用ページはスマートフォン表示では閲覧できませんのでPC表示に変換後上記をクリックしてくださいね


ブログランキングに参加しています

励みになりますので応援よろしくお願いします


下のバナーをクリックしてもらうとポイントになります

色んなDIYブログも見れますのでちょこっとお願いします




にほんブログ村



人気ブログランキング

2018年4月 6日 (金)

天板防水の効果をテストしてみる

元々花台だったものを収納に作り変えようと現在奮闘中のTakumiです

Img_3365

花台の作り方を知りたい方は→コチラ


収納への作製過程を最初から見たい方は→コチラ



さて 前回天板を全面コーキングという荒業で防水してみましたが


1週間しっかりと乾燥させたのがこちら↓

Img_4553


見た目的には大きく変わっていません


Img_4554
触った感じはベトッてした感じ

手にはついたりはしませんが なんだかスライムみたいな感じ

この柔らかさは木のが収縮したときにその動きに追随してくれそうなのでいい感じです



あとは本当に防水として役に立つのか?



ということで・・・









Img_4555

防水テストをしてみましょう


もし上手く行ってなかったらK浦氏のせいという事で










Takumi いきま~す (  ̄^ ̄)ゞ



Img_4564

Img_4565

Img_4567


Img_4570


( ̄◆ ̄;)やったった・・・



本当にこれで漏れてたらK浦氏のせい




さて肝心の結果は?!
















CMのあとで



Img_4590

この日のお昼はUFOのパスタ版みたいなやつだったんですがイマイチ 


やっぱりUFOは普通に限る( ´・ω・`)


パスタならスパ王ですね









などとしばらく放置した後で確認してみました




Img_4587


しっかり水をはじいています



Img_4588

アップで見てみても完全に防水できていますよ~♪


もちろん中も確認しましたが完璧(v^ー゜)ヤッタネ!!





もうこれは俺の手柄にしてしまおう


前回記事のK浦氏とのからみ部分は

そのうち さらっとなかったように書き換える可能性がありますので


気になる方はお早めに見にいってくださいね(笑)



つづく





DIY専用ページ T'z Factoryは→コチラ

*DIY専用ページはスマートフォン表示では閲覧できませんのでPC表示に変換後上記をクリックしてくださいね


ブログランキングに参加しています

励みになりますので応援よろしくお願いします


下のバナーをクリックしてもらうとポイントになります

色んなDIYブログも見れますのでちょこっとお願いします




にほんブログ村



人気ブログランキング

2018年4月 5日 (木)

課題だった天板防水 天の声が降ってきました

元々花台だったものを収納に作り変えようと現在奮闘中のTakumiです

Img_3365

花台の作り方を知りたい方は→コチラ


収納への作製過程を最初から見たい方は→コチラ





最大の課題だった天板防水 遂に天の声が降ってきました




その前に 天の声なんのこっちゃ?っという方は→コチラ


失敗してしまった前回の天板防水は→コチラ



Img_4473

継ぎ接ぎで隙間だらけのこの天板


雨漏りしないように考えていたのは


この上からもう1枚板をかぶせてしまうという方法

でも唯かぶせただけでは 雨漏りしてしまうので




Photo

こんな感じで板に溝を掘って













Photo_2


隣の板同士をかみ合わせるって方法


でもこの方法 とんでもなく面倒


( ̄◆ ̄;)いったい何本溝を彫り込めばいいんだよ?



ということで 何かいい案が出てこないかとずっと考えていたんですが




先日K浦氏がやってきたので


こんな感じで防水しようと思ってんだけど 何かいい案ない?と訊いてみたところ






K浦氏:コーキングすればいいんじゃないですか?




私:コーキングしても木の収縮でやっぱり隙間が出来ちゃうんじゃない?




K浦氏:いやいや隙間をコーキングするんじゃなくて全面コーキングするんすよ




私:(・_・)エッ....? 全面コーキング? 何言ってんの???





どうやら隙間だけなら切れるかもしれないけど前面にコーキング塗ってしまえばイケんじゃないのって事らしい



(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ 全面コーキングとかそんなんありかよ




全体にベターと塗っちゃうの?




( ̄◆ ̄;)ありかもしれん




ウッドシールに比べるとコーキング材の方が柔軟性あるし木の収縮とかにも対応しそう


全体に塗ってしまえば大きな膜状になるからさらに隙間ができにくくなりそう




キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! これイケんじゃないの!!




しかし コーキング材を全面に塗るって発想 

プロの発想じゃないぞ コーキング並みに柔軟な発想だわ





ということで


Img_4468

コーキング材とコーキングガンを買ってきました


コーキングガンは1500円ぐらいの物

500円ぐらいのもあるけど安い奴はハンドルを放してもダラダラとコーキング材が流れ続けるというK浦氏情報から高級品を選択




Img_4471

ならしに使うヘラには こんなのを買ってみました

本来は必要な幅にカットしてヘラに取り付けて使うみたいですが

今回はこのまま使ってみます



(◎´∀`)ノそんじゃあ 一丁やってみよう~♪


Img_4480
コーキング材(クリア)を隙間を中心に注入した後は適当に塗って



Img_4476

ならしヘラでならしたら完成


Img_4474
こんな感じになりました


クリアタイプを選びましたが上手くならせないところは白くなるみたいです


コーキング材を塗る前に比べるとちょっと木の質感は落ちるけど


一応合格点って感じじゃないかな?



完全に乾いたらどうなうのかが楽しみです♪



つづく



DIY専用ページ T'z Factoryは→コチラ

*DIY専用ページはスマートフォン表示では閲覧できませんのでPC表示に変換後上記をクリックしてくださいね



ブログランキングに参加しています

励みになりますので応援よろしくお願いします


下のバナーをクリックしてもらうとポイントになります

色んなDIYブログも見れますのでちょこっとお願いします

 


にほんブログ村



人気ブログランキング

2018年4月 4日 (水)

少しでも楽して釘を一直線に打ちたいのだ

元々花台だったものを収納に作り変えようと現在奮闘中のTakumiです

Img_3365

花台の作り方を知りたい方は→コチラ


収納への作製過程を最初から見たい方は→コチラ



さて 収納の壁の板張りに戻ります

真鍮釘を使って板を留めていきますが

一直線に等間隔で打っていかないと綺麗に見えないので

下準備の墨付けが面倒です



ちょっとでも楽が出来ないかと今回はこんな道具を使ってみました


Img_4459


下げ振りと呼ばれるこちらの道具

本来は 垂直を出す時に使うものですが



Img_4460

こんな感じで垂らして



Img_4462
ツーバイ定規を使って印をつければ 線を引かなくてもまっすぐに墨付けが出来る



ほんのちょっとしたことですが 数が多くなるとこの差がでかいんですよね


Img_4463

壁の板も全部張り終えたんですが

よく見ると飛び出してる板があります





アップで見てみると


Img_4464


( ̄◆ ̄;)うん 見にくいな・・・sweat02

下側の板が少し飛び出てるのわかるかな?


この状態だと雨が降った時に雨が内側へと浸み込んでしまうので

Img_4465

ホビーカンナででっぱり部分を削り取ります



Img_4466
こちらがAfter


屋外で使うものでなければ ここまでやる必要はないと思うんですけどね


屋外用は こういった部分に気を使わないといけないから中々思ったように進まない




これから先の作業はこんなんばっかりなので 少々作製意欲もdown


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


おまけ

Img_4624

妻が「早く作らないとパンジーが綺麗に咲いてるよ」と言ってくるのですが

┐(´-`)┌ ここにある花の中にはパンジーはない


パンジーに見えてるのはスミレとビオラ(笑)




まあ でも急がないと色々まずい

家庭菜園の道具とか入れてる箱テーブルも花台を載せているので使えないので

畑の準備とかもできないし・・・

でも地味な作業に最近やる気もイマイチだしね

景気づけにポチッと↓応援よろしくお願いします(笑)






DIY専用ページ T'z Factoryは→コチラ

*DIY専用ページはスマートフォン表示では閲覧できませんのでPC表示に変換後上記をクリックしてくださいね

ブログランキングに参加しています


励みになりますので応援よろしくお願いします


下のバナーをクリックしてもらうとポイントになります

色んなDIYブログも見れますのでちょこっとお願いします

 


 


にほんブログ村



人気ブログランキング

2018年4月 3日 (火)

湿気対策 収納に脚をつける

元々花台だったものを収納に作り変えようと現在奮闘中のTakumiです


Img_3365

花台の作り方を知りたい方は→コチラ


収納への作製過程を最初から見たい方は→コチラ




Img_4410

収納の壁に板を張っている途中ですが 湿気対策で脚をつけていきます



Img_4197
最初はこんな感じで上2段を収納にして 一番下は空けておくつもりだったので良かったんですが



Img_4375

一番下も収納に計画変更してしまったので このまま地面に置いてしまうとさすがにまずそうです


そこで以前苦労して作った脚をつけていきます→その時の記事



Img_4429

本体とは90㎜のビスで固定していますが 

それだけでは不安なのでサイドからビスで抑え込みます


記事に書くと簡単ですが


これが超大変ι(´Д`υ)アセアセ



だって・・・・










Img_4431

こんな格好での作業ですもんsweat01


普段は頼まれなければ写真を撮らない妻も 


おもしろがって写真撮るくらい




( ̄◆ ̄;)うぅ~うぅ~言いながらやってるのが おかしくてしょうがなかったらしいです





こっちは大まじめで 腹筋も背筋も筋肉痛になる感じだったんですけどねsweat02




Img_4448
最後は外側から杉板を渡して 真鍮釘で固定したら完了



ただ 固定した感じがまだ不十分だったので 

このあともう一度補強が必要そうdown




そういうわけで


Img_4449

脚の部分だけ 先に防腐防水処理をしておきます


追加の補強を入れると内側になる部分の防水防腐処理が出来なくなってしまうので 先に済ませておく必要があります


Img_4450

当然また下に潜って・・・


(-゛-メ) いったい誰が一番下を収納にしようなんて考えたんだ!!


っと自分以外だったら文句言ってるところです







Img_4454

まだ完成ではないけど 一応完了






・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


おまけ

Img_4621
今年はしっかり収穫を期待しているイチゴですが

まだこんな大きさの株なのに もう花が咲いてるsweat02


このところ急に暖かくなったので 狂い咲き気味(まだランナーも出てないのに)

このまま実をつけると株が大きくなれないので 

見つけ次第摘み取っていますが スタートから不安しかない・・・




Img_4628
アスパラも一気に元気になってきました

ちょっと油断していて 収穫時期を逃したものもありますが


ここから1ヵ月は 1週間に10~20本ペースで収穫できそうです







DIY専用ページ T'z Factoryは→コチラ

*DIY専用ページはスマートフォン表示では閲覧できませんのでPC表示に変換後上記をクリックしてくださいね


ブログランキングに参加しています

励みになりますので応援よろしくお願いします



下のバナーをクリックしてもらうとポイントになります

色んなDIYブログも見れますのでちょこっとお願いします



にほんブログ村



人気ブログランキング

2018年3月29日 (木)

オリジナル抜け節処理方法

元々花台だったものを収納に作り変えようと現在奮闘中のTakumiです


Img_3365

花台の作り方を知りたい方は→コチラ


収納への作製過程を最初から見たい方は→コチラ



さて 前回は収納の裏側の板を張っていきましたが

Img_4413

この抜け節が気になります


下のアルミシート丸見えだわな



通常 こういった抜け節は同種の木の枝を使って埋めたりするんですが




そんな枝だとかないし ┐(´-`)┌



あっても埋める腕ないし(゚ー゚;




でも やっぱり気になる・・・









flair ひらめいた!!






(◎´∀`)ノ それではオリジナル抜け節処理方法を紹介しちゃいますよ



Img_4414

まずはウッドシールを適量 抜け節に注入




続いて使うのが・・・









Img_4415

鉋屑!!




この鉋屑をクルクル巻いて


Img_4416
抜け節に突っ込む



あとは上からもう一度ウッドシールを流し込んで



Img_4417
濡れ雑巾で余分なウッドシールをふき取ったら完成です



巻き方に少々性格が出てしまってますが

なんとなく節に見えますよね



見えないって方は 薄眼で見てくだせぇ~(笑)





鉋屑は広がろうとする方向へ巻くのがポイント

多少乾燥とかで隙間が出来ても広がることで抜け落ちるのを防止してくれるはずです(多分ね)




オイ!! でも鉋屑はどうするんだよ?




という人はコチラのお勧め商品をどうぞ→DIY 今最もお勧めの道具


旦那の顔とか書いた端材とかで鉋屑作ってみましょう(笑)






つづく










DIY専用ページ T'z Factoryは→コチラ

*DIY専用ページはスマートフォン表示では閲覧できませんのでPC表示に変換後上記をクリックしてくださいね

ブログランキングに参加しています

励みになりますので応援よろしくお願いします




下のバナーをクリックしてもらうとポイントになります

色んなDIYブログも見れますのでちょこっとお願いします



にほんブログ村



人気ブログランキング

2018年3月28日 (水)

収納に壁板を張る

元々花台だったものを収納に作り変えようと現在奮闘中のTakumiです

Img_3365

花台の作り方を知りたい方は→コチラ


収納への作製過程を最初から見たい方は→コチラ




さて 前回収納の壁の防水が完了

肝心の天板防水はまだ保留状態が続いていますが・・・

未だいい案は浮かばず このままだと面倒なことになりそうsweat02



とりあえず難題は後に回して簡単なとこをやっていきます



Img_4383

壁材に使用したのは杉のAD材

1枚当たり180円ぐらいのお買い得品です


ちなみに木材は乾燥方法によって

①KD材 Kiln dry 人工乾燥材

②AD材 Air dry 自然乾燥材

③GR材 Green 未乾燥材


に大別できます

それぞれの特徴は

KD材は 窯の中に入れて上記で強制乾燥した材で狂いが少なく扱いやすい反面 強制乾燥によって油分も失われるので強度や耐久性に問題あり
しかし乾燥時間が1~2週間と短期間で済むため 今の住宅では主流となっています





AD材は 天日干しで1~3年程度ゆっくり乾燥した材で KD材程乾燥が進まないために狂いがやや出やすい 唯大工さんの手により1枚1枚状態を確認して適材適所で使用することでその狂いは最小限に抑えられます

人工乾燥と異なり油分を失うことがないので 強度と耐久性には問題がありません






GR材は 木を切り出してから間もない状態なので狂いが生じやすい




我が家を建てるときも この木の乾燥にかなり感心が高かったので


ほとんどの部材はAD材(最低3年以上乾燥したもの)を使用し

予算の関係でどうしても人工乾燥材を使わなければならない場所もMild dryと言われる天然乾燥した材料を仕上げの段階だけ低温の人工乾燥を掛けた材用を使っています



KD材の1×4材に比べるとやっぱりしっとりした感じで

艶香りもいいですね




艶香りはいいんですが束で売っているお買い得品


Img_4385

やっぱりありました節抜け

まあ これはお約束ですね

全体的に無節が多い材料だったので このお値段ではやっぱりお買い得です



Img_4388
一番長い材料が必要な後ろの部分からビスで張っていきます


湿気の被害の多いと考えられる下の部分には無節

上に行くにしたがって節アリ→節抜けの順に張っていきます



Img_4390
一応一番下の板だけは水平を出して

あとはその上に適当に貼っていきます


Img_4392
ここまで張っていったらあとは最後の取り合いです



Img_4394
天板と壁の間のこの隙間をどう納めるかが大工の腕の見せ所


まあ 大工じゃないので適当でもいいんですが



Img_4395
真横から見るとこんな感じ


Img_4397
普通に張ったのでは 天板から流れてくる雨が確実に溝にたまってしまいそう


Img_4398

こんな感じで取り付けた方が水漏れ少なくて済みそう


それならば最近お気に入りのあれで!!




Img_4399

ホビーカンナを使って加工


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

角利産業 角利 替刃式ホビー鉋 41446
価格:341円(税込、送料別) (2018/3/25時点)




Img_4402
こんな感じで取り付けました

小さい材料になると下穴開けててもインパクトだと力加減間違えて割れてしまうdown

少し隙間は残りますがあとはコーキングでごまかすことにします



Img_4403
一応張るには張れたんですが

薄い板で下地となるのも薄いべニアなので 手で押すと簡単に凹んでしまいます


この後乾燥して収縮したりすると狂ってきそうなので


Img_4405
押さえに縦に1枚板を追加して後面の板張り完了です



 つづく







DIY専用ページ T'z Factoryは→コチラ

*DIY専用ページはスマートフォン表示では閲覧できませんのでPC表示に変換後上記をクリックしてくださいね
ブログランキングに参加しています


励みになりますので応援よろしくお願いします


下のバナーをクリックしてもらうとポイントになります

色んなDIYブログも見れますのでちょこっとお願いします



にほんブログ村



人気ブログランキング

2018年3月27日 (火)

収納の壁を防水したらなんだか近未来感が出てしまった

元々花台だったものを収納に作り変えようと現在奮闘中のTakumiです


Img_3365

花台の作り方を知りたい方は→コチラ


収納への作製過程を最初から見たい方は→コチラ



さて 前回壁のベニヤを貼った収納ですが

Img_4360
防水をしていきます


Img_4362

使用するのは100均のアルミロールシート

100均には同じような商品でレジャーシートのアルミシートもあるんですが

強度的にはレジャーシートの方が良さそうです


大きさ的にこちらの方が大きかったので 選んでしまいましたが



そんなに差もないので 今思えばアルミレジャーシートの方が良かったかもと ちょっと後悔してます



Img_4363
風があるのでカットは室内

o(;△;)oこういう時には作業小屋のある人がうらやましい

ただ私の壮大な将来構想の中には作業小屋も含まれています

( ̄ー ̄)ニヤリ



先立つ資金がないので いつになるかはわかりませんが


妄想だけはどんどん広がっていっていますね




最近では最終目標は山買うになっちゃってます(笑)







さて本題

Img_4365

防水シート代わりに貼るので下から順番に貼っていきます

上のシートは3㎝程重ねてタッカーで留めていきます

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SK11 パワフルハンドタッカー PT-1 4977292170307
価格:1688円(税込、送料別) (2018/3/19時点)


今回の作品では このハンドタッカーも相当活躍中

パンパン調子よく留められるので楽しいのですが

さすがに量が多くなると手が痛くなるという事を思い知る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★新品 エアタッカー・ステープル打機/針5000本付/1013J
価格:3500円(税込、送料無料) (2018/3/19時点)


エアータッカーとまでは言わないけど( *エアコンプレッサーが必要)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

EARTH MAN 電動タッカー DTK-45A TKG-1471010
価格:3151円(税込、送料別) (2018/3/19時点)


電動タッカーとかあるといいなと思ったりして(笑)



Img_4371

そんなことを考えながら貼り終えました


( ̄◆ ̄;)なんだかSFチックな風貌


このまま宇宙へ飛び出せそうな感じがする(笑)






Img_4386

下地となる角材の入ってない部分はタッカーが取れられないので


防水テープ・・・がなかったので


普通のゴムテープで押さえてます 


しかもケチって所々


ヾ(´ε`*)ゝ手持ちのテープが少なかった



左右に継ぎ足ししている部分だけは水漏れがあってはいけないので

縦にしっかり貼ってます





壁の防水は簡単でいい


これで大丈夫って保証はないけど




感覚的に大丈夫な気がする

アルミシートが劣化する条件としては

熱・化学物質・紫外線があるけど


上から板貼ってしまえば10年ぐらいは無問題でしょう







つづく


DIY専用ページ T'z Factoryは→コチラ

*DIY専用ページはスマートフォン表示では閲覧できませんのでPC表示に変換後上記をクリックしてくださいね







ブログランキングに参加しています

励みになりますので応援よろしくお願いします



下のバナーをクリックしてもらうとポイントになります

色んなDIYブログも見れますのでちょこっとお願いします
 


にほんブログ村



人気ブログランキング

より以前の記事一覧