ブログ紹介ページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

楽天おすすめモーションウェッジ

  • 楽天おすすめ商品

特集etc.

  • 今注目の!!

ブログ村

  • ブログ村ランキング

Takumiのお勧め

無料ブログはココログ

Linkplaza

家遊び&DIY

2017年10月15日 (日)

事件です!!

あの日の夜に起きた事件とは








Img_2230
例の金具が いとも簡単に壊れました

蓋を開いた状態で留めるのに使用していたこの金具

夜に娘に使用方法をレクチャーしておりまして



(*゚▽゚)ノ 「この部分が弱いから こんな感じで急に開くと壊れ・・・」

coldsweats02 (娘)「壊れたよ」

\(;゚∇゚)/・・・



(u_u。) 壊れないようにレクチャーしていた本人が壊してしまいました(最悪)

道具箱の中で1か月以上を過ごし やっと活躍できると思ったらその日のうちに一生を終える

まさにセミ以下の一生・・・
あ~あっil||li _| ̄|○ il||li



曲がったアームはまだよかったのですが ジョイント部分がお釈迦で

全然留まらないsweat02

まあ~ (*゚▽゚)ノこれもなかったことにして


ともいかないので

仕上げと並行してもうひと工夫することになりました




カテゴリ:家遊び&DIY 過去記事




ブログランキングに参加しています

応援のポチッ↓とよろしくお願いしますヽ(*≧ε≦*)φ

ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村


ライフスタイル ブログランキングへ

2017年10月13日 (金)

いよいよ終盤 木製トランクケース作り

前回の取っ手に続いては丁番などの金物を取り付けていきます

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

WAKI/和気産業 アンティック丁番ミニ TW-277 H型 仙徳
価格:235円(税込、送料別) (2017/10/8時点)


今回使用したのはアンティークミニ丁番



Img_2099_2
この取り付けが超大変でしたsweat02

最初は横に並べて取り付けようと思ったのですが

上蓋と下の箱の厚みが違うので全然取り付け面が安定してくれません

Img_2097_2
上蓋の下に支えを入れたりして頑張ってもなかなか思うようにいきません

このサイズでこんなに大変だったらドアの取り付けとかどんだけ大変なんだよ?



(゚ー゚;うぅん? ドア???flair




;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ そうか!!立てればいいんだ!!




Img_2102_2
ということで縦にして無事取付完了

試しに蓋を閉じてみます


Img_2105_2
( ̄◆ ̄;) ありっ?! すごい隙間が・・・




ネットで調べていると丁番にも2種類あって 閉じた時にぺちゃんこになる平型と 閉じても軸の厚さ分だけ隙間のできるスエージングタイプ



平型しか知らなかったので 軸の部分だけトリマーで溝掘っていたんですが・・・


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ステンレス 平型蝶番(丁番) 穴明き(B-1078-12)[TO-264-2]
価格:490円(税込、送料別) (2017/10/8時点)


平型丁番

丁番の違い詳しくはコチラ→お勧めブログ





(ρ_;)こりゃ 溝を掘らないとダメかdown


苦手意識があってノミは敬遠してましたが こうなっては仕方ありません



Img_2113_2
K浦氏からカッターナイフで枠に切り目を入れてから作業するといいという事を聞いたので まずは切れ込みを入れ



Img_2108

ノミで彫り込みます

( ̄▽ ̄)おおお!! 意外といい感じに彫れる


Img_2123

Img_2124

(゚▽゚*)今回は意外といけてるんではないんかい?


Img_2125
調子に乗って四か所彫り込んで丁番を取り付け

もう一度蓋を閉じてみます


Img_2129
隙間なく閉じたのはいいんですが・・・

調子に乗りすぎて深く掘り込み過ぎたようで

丁番が曲がってしまいました 


(^-^; うん 見なかったことにしよう


Img_2134

腹ごしらえして気分をリフレッシュ~♪







続いては

Img_2130
この金具で上蓋を開いた状態で固定できるようにします

とは言ってもコレ 化粧箱とかの小物に使うサイズでハッキリ言って強度不足

それをわかってなぜこれを使用するかというと・・・



強度がちょうどいいくらいの金物になると値段が高いから

(/ー\*)


コレでも1008円 材料の板代が2400円くらいですから結構な割合です

強度的に良い物を選ぶと2000円超え



感覚的に そんな高価な金物使えるっかってんでえ(江戸っ子)

ということでこれになりました







Img_2132

こんな感じで取り付けると上蓋が開いた状態で留められます


Img_2133
最後の金具は 100均のアンティーク風ロック金具


しかし またしても・・・

Img_2135
随分ズレてんなぁ~┐(´-`)┌

丁番をつけたことで蓋と箱の間に少しぶれが生じてしまいました


通常は丁番の取り付け位置の修正で対応するみたいですが

あんまり丁番部分を見たくないので…


Img_2147
重しとクランプで締め上げて矯正

丁番から悲鳴が聞こえてきそうですが 人( ̄ω ̄;) 南無~



Img_2159
そんなこんなで加工作業完了です


次回 最終の仕上げ作業の予定…だったんですが







この日の夜に事件が・・・続く



カテゴリ:家遊び&DIY 過去記事




ブログランキングに参加しています

応援のポチッ↓とよろしくお願いしますヽ(*≧ε≦*)φ

ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村


ライフスタイル ブログランキングへ

2017年10月12日 (木)

手作り木製トランクケースに取っ手を付ける

さて今回は 時間を掛けて手作りした取っ手を取り付けていきます

Img_2033

一番簡単な取り付け方法としては 裏側からビス留めする方法ですが それだとちょっと雰囲気に掛けるという事で・・・




Img_2084
こちらの 鬼目ナットを使ってみたいと思います

一般的な家具などの取っ手側にボルトの受け側としてついてる部品です

勿論初挑戦 rock



その名の通り全身トゲトゲ まさに鬼の棍棒って感じ



Img_2081
まずは取っ手に下穴を空けて 鬼目ナットを差し込んだらハンマーでガンガンと打ち込みます


Img_2085
( ̄◆ ̄;) ありっ?! 最後の部分が埋まっていかないぞ???




てっきりフレキタイプに木ネジみたいに勝手に木に食い込んで埋もれるものと思っていたけど・・・違うのかsweat02


このままでは隙間が出来てしまう





Img_2086
一度引き抜いてやり直すことにします 

ついでに言っとくと鬼目ナット打ち込む時はボンド付けてから打ち込むみたい

これも知らなかったんですけど ・・・



今回は幸いしましたヾ(´ε`*)ゝ




後から調べて所 鬼目ナットにも色々種類があるみたいで

オニメナットツバ無し Type 六角レンチで捻じ込むタイプ



オニメナットツバあり  Type 六角レンチで捻じ込むタイプ




オニメナットツバあり ハンマーで打ち込むタイプ


この他にも オニメナットツバ無し ハンマーで打ち込むタイプ がありますが 


普段目にするものは一番最後に挙げた ツバの無いハンマーで打ち込むタイプなんだと思うんですね 

そのイメージもあったもので安易にやってしまいましたr(^ω^*)))




とりあえず一番大きいドリルでツバが隠れるように穴を広げようと思ったんですが・・・



Img_2087
  やっちまった Σ(・ω・ノ)ノ!



既に穴が開いているので ドリルの先端が固定できずブレて取っ手が崩壊寸前sweat01


こりゃ無理だなってことで・・・






Img_2089
とりあえず取っ手にオニメナットを打ち込み 今のは無かったことに・・・ 


今度はちゃんとボンドも付けて(笑)





とりあえず時間かけて作った取っ手が壊れなくてよかったよ(;;;´Д`)




よくよく考えたら 取っ手側じゃなくてトランクケース側に隙間を空けりゃよかったんだ





いつも気づくのが少し遅い・・・というか つくづくよく考える前に手が動いてしまうタイプだと反省



でも   問題はまだある





Img_2082
手持ちのドリルは10㎜が最大だけどツバの直径は12㎜sweat02


考えた方法は 10㎜で穴を開けながらグリグリ回して穴を広げるというもの


Img_2091
↑左が10㎜の穴 右がグリグリ回して広げた穴なんですが

この方法 確かに穴のサイズは広がるんですが 深さも増していくので程々で切り上げ


Img_2092
最終的に丸ヤスリで仕上げました

ツバの収まるサイズに穴を広げたら中心にネジと同じサイズの穴を貫通させたら準備完了




今回使用したのはこちらのトラスネジ


Img_2093

いよいよ緊張の一瞬 ネジを締めあげます…うまくいくのか?















Img_2094

イエ~イ!! 隙間なく無事収まりました (v^ー゜)ヤッタネ!!


しかし今回は 冷や冷やしました

結果的にツバ付きで固定性も良好と結果オーライでしたが 施工性を考慮するとツバ無しがお勧めですね(汗) 






カテゴリ:家遊び&DIY 過去記事




ブログランキングに参加しています

応援のポチッ↓とよろしくお願いしますヽ(*≧ε≦*)φ

ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村


ライフスタイル ブログランキングへ

2017年10月11日 (水)

娘の大量の教科書を収納する 木製トランクケースを作る

前回 おおむね構造の完成した木製トランク

Img_2029
でも まだトランク感が今ひとつ足りない気がしたので

Img_2048
この端材を使って縁飾りを作っていきます

ちなみにこの端材は 折り畳み式のテーブルを作った時の物です

          ↓

子供部屋にちょうどいい折り畳め意識テーブルの作り方


Img_2052

コーナークランプで固定して45°にカットしていきます

この45°カットが意外と難しい

まっすぐ切っているはずなのに 2枚合わせるとわずかにズレたりしてるんですよね

とにかく結構な量をカットしていきます

カットし終わったらカンナと紙やすりで面取りして仕上げます

Img_2054
木工ボンドを着けたら




Img_2051
トランクの縁に張り付けていきます

全部貼り終えたらあっという間に午前中終了




Img_2050
この日の昼食は 好物の高菜のおにぎり

これさえあれば 他は何もいらないってくらい美味いんだな~♪




お腹が一杯になったら 続きを再開 ♪(o ̄∇ ̄)/


Img_2072
貼り付けた縁飾りに真鍮釘を打っていきます

手間を惜しんで いきなり釘打ち込むと・・・


Img_2073
割れてしまいますので ちゃんとキリを買って下穴はあけましょう

(=´Д`=)ゞ





今回は 補強と飾りを兼ねていますので少し長めの釘を使っているのですが

調子乗って打っていると・・・


Img_2074
内側の板の重なっていない部分では突き抜けるのでご注意を

Σ(;・∀・)



Img_2075
釘を抜いて 突き抜けない長さのものに替えたいのですが

御覧のように最初に打った釘は長いだけでなく太いので 刺さっていた穴も大きく細い釘ではグラグラですぐに抜けてしまいます



Img_2076
仕方がないのでこの部分だけ木工ボンドを着けて タダの飾りとして付けることにしました



Img_2077
コチラが完成写真

下の1段がなんちゃって釘の方なんですが サイズ感の違い

意外と言われなければ気づかないじゃないかな?(笑)



こんな感じで6面を仕上げましたよ




続く






カテゴリ:家遊び&DIY 過去記事




ブログランキングに参加しています

応援のポチッ↓とよろしくお願いしますヽ(*≧ε≦*)φ

ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村


ライフスタイル ブログランキングへ

2017年10月10日 (火)

娘の大量の教科書を収納する物の正体は!!

前回と同じように今回も箱を組んでいきます

Img_1996

前回は大失敗してしまいましたが 今回はそうならないように道具を購入してきました

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SK11 コーナークランプ (SKC-1) 藤原産業 特殊クランプ
価格:833円(税込、送料別) (2017/10/3時点)

今まで1つしかなかったコーナークランプ

Img_1999
2個あると簡単に固定できるので


Img_2001
ダボ穴の目印も簡単に付けれます

Img_2005
今回はちゃんと横からダボ取り付けました(詳しいやり方は前回記事に書いてます)

このあと上の板を8個のダボで留めたんですが 8個が一発で入ると快感ですね

思わず ・・・ ( ̄ー+ ̄)俺って出来る男 って感じになっちゃう(笑)

自分に酔いしれて写真撮るのは忘れてしまいましたが

さてひっくり返して 底の板を取り付けたら完成ですが

いざ取り付けようとすると・・・

Img_2013

( ̄◆ ̄;)ありっ!!   

大幅に反ってます・・・・(上に載っている板と下から支えている板が横方向にズレている)


日曜大工で作業しているので材料切り出しからかなり時間が経ってしまっているのが原因だと思うのですが 5つのパーツが少しずつ反ってきていたのが最終的にここに集約された感じみたいですsweat02

冶具で固定して修正することも考えましたが そうなると次の作業ができるのは来週となってしまいます

そこまでは待てん ┐(´-`)┌  ということで・・・

ダボは諦め 今回使わないでおこうと思った木ネジで固定する事にしました



Img_2014
クランプを使って板をズレないように固定したら 使用する木ネジの頭が収まるサイズの穴を5㎜程の深さまで掘り

Img_2015
木ネジを穴の奥まで捻じ込み

Img_2016
その上から木工用ボンドを着けたダボを挿し

Img_2017
余計な部分をノコギリを切り落としたら完成です

これで 見た目はネジ使ってないように見えるので まあいいかなヾ(´ε`*)ゝ


Img_2003

ここらでちょっと休憩

この日はサッポロ一番みそラーメン

Img_2004
カップラーメン たまに無性に食べたくなるんですよね~♪




さて休憩が済んだらいよいよ こちら

Img_2006
謎のおかっぱ頭です(笑)

雲型定規を使って描いたおかっぱ頭をジグソーで切り出し

Img_2011
ヤスリを使って丸みを着けたら

Img_2008

紙やすりを使って 微妙な丸みを着けながらせっせと磨きます

紙やすりはNo.80→No.240→NO.600と3枚使って仕上げました

夢中になって作業していたので時間は測っていませんが 多分このおかっぱ頭の加工だけで2~3時間は掛かってしまったと思います

なんだかやりだすと止まらない性格なんですよね(*ノv`)

そうして出来上がったのがコチラ








Img_2036
取っ手です

Img_2032
既製品を探してはみたんですが 気に入るのがなかったので

それじゃあ 作っちゃえって感じ

処女作にしては なかなかと絶賛自画自賛中(*´σー`)

持ちやすさを考慮した取っ手上部の微妙なカーブがウリで~す♪


Img_2030

そして この取っ手を付ける「娘の大量の教科書を収納する物」というのが・・・






Img_2029
木製トランクでした!!  

どれぐらいの人が正解したのかな?

ちなみに・・・


Img_2033

取っ手もまだついていません(*´v゚*)ゞ


でも ここまで来ればあと1日もあれば完成・・・っと 

この時は思ってたんだけどなぁ 

まだまだ掛かります r(^ω^*)))




・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


今回使用した道具


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラクダ | Rakuda ツーバイフォー定規(2X4木材用) 12022
価格:453円(税込、送料別) (2017/10/5時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

木工やすり 3本組 150mm 【 木工 木彫 木工具 やすり セット 】
価格:1944円(税込、送料別) (2017/10/5時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SK11 コーナークランプ (SKC-1) 藤原産業 特殊クランプ
価格:833円(税込、送料別) (2017/10/3時点)


カテゴリ:家遊び&DIY 過去記事




ブログランキングに参加しています

応援のポチッ↓とよろしくお願いしますヽ(*≧ε≦*)φ




ライフスタイル ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

2017年10月 6日 (金)

娘の大量の教科書を収納する○○を作る~板を組む~

さて今回は 前回細工をした板にもうちょい加工を加えてから組んでいきます


Img_1963
RUNにはまた「つまらんことを」を言われてしまいそうですが(笑)

ブラックアンドデッカーのトリマーを使用しますが 今回はその使い心地にもちょっと触れておきます


ブラックアンドデッカーのトリマーは回転数が6000回転/分程度

これは普通のトリマーに比べるとかなり低速のパワー不足




パワー不足だと どういう問題があるかというと・・・



Img_1965

1回だとこんな感じの凸凹の仕上がりになる 凸凹 (゚ー゚;


という事で 同じ作業を繰り返し

Img_1967

徐々にきれいにしていきます



Img_1969
Img_1970
6回ほど繰り返すとこんな仕上がりになります

パワー不足なので木目の変化でトリマーのビットが弾かれたりしますが 力で抑え込むより軽めに引いて 回数をかけて仕上げる方がいいみたいです

そんな感じで トリマーとしての能力は今ひとつですがコードレスで使えるという点はメリットかな

まあ 入門用の道具としては値段的にもお手頃でいいのではないでしょうか



Img_1973
トリマーを掛けなかった板にもカンナで面取りをして


Img_1975
組む準備完了


今回は全面ダボで組んでいく予定です


Img_1979
まずは ダボの取り付け位置を墨出しするために板を固定します

通常墨出しは こんな固定は必要ないのですが私のやり方はちょっと変わっているので固定が必要です→詳しくは知りたい方は2つ前の記事を参照してくださいm(_ _)m


Photo
あまりに固定が大変だったので 青の線を引いた2枚だけは先にダボを施工して固定しました



固定を済ませ しばし休憩しながら眺めていて思ったのですが


( ̄◆ ̄;)ありっ  やっちゃった?!






Photo_2



板の接続は 上の図のようにダボを打って固定する予定だったのですが




Photo_3

左端のコーナーを先に接続しまうと・・・





もう固定できません(u_u。)




正しく留めるためには



Photo_4

横の板を先に留めて



Photo_5

上下の板を留めないといけないんですよね



大失敗sweat01


Img_1984

仕方がないので 横向きのダボは今回施工しないで接続していきます



Img_1985

組みあがりました

強度的には横のダボなしでも問題なさそうでしたが 念のため



Img_1986

箱の裏側に 縦残を追加して

Img_1988

真鍮釘で固定しました 雰囲気的にはこの方が良かったかも 

っと前向きに考えることにします(*´v゚*)ゞ


さて もう1つ箱を組んでいかないといけませんが ちょっと準備したい道具だが増えたのでこの日はここまで


次回は そろそろ何を作っているかネタバレしそうなので答えを発表します


その前にヒントを1つ



Img_1947
おかっぱ頭・・・



それでは次回をお楽しみに~♪ (◎´∀`)ノ 




・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今回使用した道具



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

角利産業 ミニ鉋 芯樫 42mm×150mm 41430
価格:1104円(税込、送料別) (2017/10/3時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SK11 コーナークランプ (SKC-1) 藤原産業 特殊クランプ
価格:833円(税込、送料別) (2017/10/3時点)








カテゴリ:家遊び&DIY 過去記事




ブログランキングに参加しています

応援のポチッ↓とよろしくお願いしますヽ(*≧ε≦*)φ




ライフスタイル ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

2017年10月 5日 (木)

娘の大量の教科書を収納する○○を作る ~装飾~

前回は1×4材で大きな板を作りましたが 今回はその板に少し飾りをつけようと思います


Img_1908
使用するのは厚さ12㎜×幅60㎜の杉板

これをまず必要な長さに切り出して


Img_1917
相変わらずいまいち使い方がわからない 雲型定規を使ってデザインして


Img_1918
ジグソーで切り抜いていきます


Photo

( ̄◆ ̄;) つまらん言うな!!


Img_1927

ジグソーで切り出したものを紙ヤスリで仕上げた物が4枚できました




Photo_2
( ̄Д ̄;; ・・・


Img_1928
外野はほっといて・・・

作った飾りを木工ボンドで大きな板に張り付けて


Img_1930
真鍮釘で縁取れば本日の作業終了

この飾りをつけることで 作ろうとしているものにかなりイメージが近づいた気がするんですが・・・何を作っているか分かったかな?


ちなみに大きな板をダボで作るのが面倒くさいという人は この飾りをもう少し延長して木ネジで留めればOKです


Photo_3

┐(´д`)┌ヤレヤレ  お前それが目的なだけだろ




・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


使った道具











カテゴリ:家遊び&DIY 過去記事




ブログランキングに参加しています

応援のポチッ↓とよろしくお願いしますヽ(*≧ε≦*)φ




ライフスタイル ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

2017年10月 4日 (水)

娘の大量の教科書を収納する○○を作る ~1×4材で大きな板を作るの巻~

さて 前回は上手くいかずに落ち込みましたが気を取り直して作っていきます


まずは 1×4材を使って大きな板を作っていきます

Photo
今回もダボで留めていきますので 板を並べて↑の写真の赤線ようにダボを指す位置を決めて印をつけていきます 線の位置はおおまかでOK


今回は 19㎜の厚さの板に対して直径8㎜×長さ30㎜のダボを使用して 約15㎝間隔で施工していきます


Photo_2
印を頼りにツーバイフォー定規を使ってそれぞれの板の中央にダボ穴を空ける位置を墨出しします

この方法のいいところは ダボ穴を墨出しする際 定規で正確に測らなくてもよいという事


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SK11 ダボ用マーカー 8mm (362461) 4個入 藤原産業 ダボ
価格:210円(税込、送料別) (2017/9/28時点)


↑のようなダボ用マーカーというのもあります

ダボ穴開けてその中にマーカーを入れ 反対側の板を押し当てると対応するダボ穴部分に印がつけられるというもの

でも 今回のようにたくさんの板を繋ごうと思う場合には どの板とどの板が対応するかがわからくなってしまう事が多々あったりする(私の場合は…)

板の横に赤矢印のように印をつけていれば その線同士が一致する板同士がペアだという事がすぐわかるので 途中で板の順番がわからなくなっても困らないというのもお勧めポイントです



ダボの施工では ダボの太さは板の厚みの1/2~1/3 間隔は20㎝間隔ぐらいが標準らしいですが どこに使う部材かで必要な強度は変わってくるので

テーブルの天板ならばもっと短いピッチで施工したほうがいいでしょうし 箱の側面に使うのであれば もっと広いピッチでもよいと思います

まあプロではないので その辺りは適当でよろしいかと(笑)


私もよく手持ちのダボ数を数えて 帳尻が合うような感じで施工していますpaper


Img_1897
印をつけたら ドリルで穴を空けます

30㎜の長さのダボを使いますので 片方の穴は15㎜に深さまで掘ります

もう片方の方は少し長め17~20㎜で掘っています


正確に15㎜ずつ掘れるならば それに越したことはないのですが 一番困るのは穴の深さが浅かった時で 板の間に隙間が出来てしまいます

板の深さを測るときはノギスを使うと便利です


大切なのは 組む時に必ず15㎜側からダボを挿すという事

深い方から挿してしまうと15㎜の方が十分な深さまで入らなくなるので注意です


Img_1895

ダボ穴と 板にボンドを着けていきます

ダボを穴に刺したら グルっと回してボンドがダボ全体に満遍なく着くようにするのがコツのようです

反対側のダボ穴にもボンドを入れたら 2枚の板を押し当てて圧着していきます

この時 ダボがわずかにズレてうまく入らないときは ハンマーでダボを叩いてやればある程度修正できます それでもうまく入らないときは曲尺の角をダボに当てて穴方向に引っ張りながら板を押し当てていけば かなりズレていても修正可能です

使用している木材がダボよりも柔らかいSPFなどであれば↑の方法で何とかなりますので 難しそうという事で躊躇している人がいるようでしたら 思い切ってチャレンジしてみてください


Img_1898
そんな感じで 板を繋いでいくと大きな板が出来上がります


Img_1910
最後に つないだ板の両端を切り落とします

たくさんの板をダボで留めていくと どうしてもわずかにズレが出てきてしまうので(私の施工レベルでは…) 目的の長さよりも少し長めに板を切り出しておいて 完成後に両端を丸鋸で切り落とすときれいな板に仕上がります


Img_1911
コチラが完成した板


Img_1913
他にも長短2枚の板をダボで固定した部材を用意しました

今回作る作品では この他に↑の写真の板と同じ長さの1枚板を長短2枚ずつ使用しますこの段階でどんなものができるかイメージできるかな?


出来るとすればかなりすごい!! 私じゃ無理です(笑)




最後になんでわざわざ板を繋いで大きな板を作るのかという理由ですが


ズバリ安いから(=´Д`=)ゞ


今回の材料費は2400円ぐらいですが これを集成材の板を使うと4~5倍は掛かってしまいます

多少表面がデコボコすることはありますので その辺りを気にしない方にはお勧めです




~~~~~~~~~~~

使用した道具

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

和気産業 木工ダボ 8mm×30mm (DB-015) 約100ケ
価格:277円(税込、送料別) (2017/9/28時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SK11 ダボ用マーカー 8mm (362461) 4個入 藤原産業 ダボ
価格:210円(税込、送料別) (2017/9/28時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラクダ | Rakuda ツーバイフォー定規(2X4木材用) 12022
価格:453円(税込、送料別) (2017/9/29時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】デジタルノギス 150 mm/inchi切替 02P03Dec16
価格:980円(税込、送料無料) (2017/9/30時点)











カテゴリ:家遊び&DIY 過去記事




ブログランキングに参加しています

応援のポチッ↓とよろしくお願いしますヽ(*≧ε≦*)φ

ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村


ライフスタイル ブログランキングへ

2017年10月 3日 (火)

娘の大量の教科書を収納する○○を作る

 我が家の子供たち 勉強はリビング派なんですが

そうなると必然的に教科書類などがリビングのカウンターに山積みとなるんですね


特に看護科に通う娘は教科書や参考書が多いので そのうち雪崩を起こすのではないかという状態sweat02


見た目にもよくないので 何かいい収納の方法はないかと考え・・・


flair  閃いた!!



(◎´∀`)ノということでDIY始動です



Img_1881
さっそく 材料を切り出しました

今回は1×4×6F材 10枚使用します



さてさて 何ができるんでしょうね(*^-^)


今回はあえて何を作るかは秘密


製作過程を見ながら 何ができるのか想像してみてくださいね



Img_1882
今回は木を組んで作れないものかと考えまして ちょっと練習




Img_1883
ノコギリとノミで加工して組んでみます


出来栄えは…





Img_1884
隙間だらけのガバガバ これじゃダメだわ


ということで 何回か練習してみたのですが


Img_1889
上達する気配なし(´Д⊂グスン   少々落ち込んだので・・・


Img_1890
道具箱の裏にノミを収めるとこを作って憂さ晴らし



(;;;´Д`)なんだか疲れたので今日はここまでとします  どうやって組むかもう1回考え直しです


開始早々 前途多難の予感sweat02


~~~~~~~~~~~~

使用した道具


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SK11 鑿 3本セット 叩きのみ 大工道具 ノミ 木材加工工具
価格:1650円(税込、送料別) (2017/9/28時点)


カテゴリ:家遊び&DIY 過去記事




ブログランキングに参加しています

応援のポチッ↓とよろしくお願いしますヽ(*≧ε≦*)φ




ライフスタイル ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

2017年9月21日 (木)

カバン収納をアレンジ

今回はカバン収納をほんのちょっとアレンジしてみます


2







Photo
(○゚ε゚○) いやいや まったく関係ないよ




Photo_2




.










Photo_3


Σ(゚д゚lll)えええ~っ!!











(o^-^o)すみません

最後の写真が あまりに何してる時に酷似していたもので ついつい遊んでしましました

m(_ _)m






さて 本題ですが

カバン収納作ってみましたが

Img_1931
使い勝手を考えると 取っ手は不要という事で



Img_1932
とりあえず外しましょう

取っ手は今後のDIYでいつか使うこともあるでしょうから?


Img_1933
スッキリしました

スッキリしたのはいいのですが・・・



Img_1936
取っ手を外した後の穴が気になるので



Img_1937
リベットで穴隠し


それだけだとどうしても 味気なくなるので


Img_1938
100均のブリキプレートを 釘で取り付けることに

でも 100均とは言えども そこはブリキ 

釘の方が曲がって打ち付けられない(;;;´Д`)ゝ



Img_1941
結局養生テープを貼ってその上から両面テープでくっつけることにしました







それでは完成写真


Img_1943



Img_1942
WELCOME TO WASHINGTON

なんだか意味合い的には微妙な感じです…

WELCOME TO WASHINGTOKOぐらいのシャレ利いたやつだとよかったんですけどね

(*ノv`)





カテゴリ:家遊び&DIY 過去記事




ブログランキングに参加しています

応援のポチッ↓とよろしくお願いしますヽ(*≧ε≦*)φ




ライフスタイル ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
     にほんブログ村

より以前の記事一覧